2015.05.23 三宅島遠征1日目

◆週末は夢のバードアイランドに初上陸!ターゲットは実質三宅島固有種のアカコッコ、イイジマムシクイ、ウチヤマセンニュウ、カラスバト、固有亜種4種、それに加え今回は船を1隻チャーターし、近海で繁殖するカンムリウミスズメを狙うことにしました。
朝の5時、日の出とともに三宅島に到着。レンタカーを手配した後、真っ先に向かったのは「伊豆岬」。ここではウチヤマセンニュウが高密度に生息しており至るところで囀りが聞こえますが、意外と撮影には苦戦しました。その名のとおり潜入(仙人)なので、まあそういう習性の鳥なわけです。なんでもエゾセンニュウはこの数十倍撮影が困難だそうなので、覚悟しなければ・・・汗汗。


Styan's Grasshopper Warbler ウチヤマセンニュウ

画像

画像



◆つづいて訪れた「アカコッコ館」では一通りの種を確認できました。中でも難航すると思われていたカラスバトとモスケミソサザイはいいポイントを見つけることができ、簡単に撮影できたのでよかったです!一方楽勝だと思っていたアカコッコが意外と撮りにくい・・・。数はたくさんいるようなので、タイミングさえ合えばという感じです。イイジマムシクイはかなりの数が生息しているようでした。


Izu Thrush アカコッコ

頭が黒くないのがメスだと思いこんでいたのですが、オスっぽくて頭がやや薄い個体もメスなんだそう。ということで下の個体はメスのようです。
画像

画像



それで後から気づいたのですが、伊豆岬で撮ったこのワンカット以外オスを撮っていませんでした・・・。いつかリベンジ(笑)。
画像



Ijima's Warbler イイジマムシクイ

画像

画像



Japanese Wood Pigeon カラスバト

三宅島に生息するのは基亜種カラスバト。英名にJapaneseがつくように、日本と朝鮮の一部にしかいない鳥だというのは初めて知りました。島のどこにでもいるのですが、警戒心が強く、まともに撮影できたのはここだけでした。

画像

画像

画像

画像

画像



Winter Wren 亜種モスケミソサザイ

チョコ色。
画像

画像



Japanese Robin 亜種タネコマドリ

画像

画像

画像



Varied Tit 亜種オーストンヤマガラ

楽しみにしていた1種。ちょっと場所が変わるだけでこんなに色が違うんだな~と、幼いときから図鑑を見てそう思ってました。ほんとに不思議ですね。
画像

画像



Japanese White-eye シチトウメジロ

やや嘴が長いかな?
画像




◆100%見られると思っていたカンムリウミスズメを外したのは想定外!!今年は繁殖が早く終わってしまったんだそうです。近海に親子連れがいればよかったものの、1羽たりとも見ることができなかったので逆に諦めがつきました。
個人的にけっこううれしかったのは実質初見のカツオドリ!実質というのは葛西で数百m先のやつを見ているからです。これが出なかったら完敗だったな・・・汗。


Brown Booby カツオドリ

画像

画像

画像

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック