FIELDNOTE 16.10.29

■幸手市・三番瀬・谷津干潟 9:30-15:30
前の週末ちらっと噂を聞きしばらく動向をうかがっていたが、数日後知り合いから連絡を頂いた。しばらく滞在してくれるだろうと見込みそわそわし続け、ようやく土曜日現地へ。朝6時に出発。首都高→東北道のルートで行けば1時間半で着くはずだったのだが、想定外の事故渋滞を抜け出すのにかなりの時間を要し、到着は9時をまわってしまった。
到着時すでに100人以上のバーダー。何名か知り合いも来ていたが、朝から出ずっぱりとのことですでに満足のご様子。早速シジュウカラと一緒に行動しているムシクイが視界に入った。第一印象は可愛い。特に胸の黄色が。今まで見てきたムシクイにはないパターン。ずっと憧れの鳥だったので感動した。桜並木をメインの餌場にしており、ムシクイにしては比較的撮影しやすかったと思う。しかしながら高い場所にいることが多く、腹打ちばかり。可愛い地鳴きが非常に特徴的でしかもよく鳴くため、カメラマンが見失ってるうちに先回りしてこっそり撮影。数回繰り返して満足のいく写真が撮れたので、移動することにした。
圏央道一本で稲敷に行こうと思ったが、まだ境古河~つくば中央区間が開通していないということを知らなかった。ならば多々良沼か渡良瀬に行こうと思ったが、帰りの渋滞がしんどい。結局東京湾に帰った。三番瀬では今季初のビロキン。ナイキマークと嘴のパターンは三番瀬常連個体と似ているので、同一個体で問題ないと思った。谷津干潟に移動しギンムクを期待したが、朝からムクすら来ないとのこと。前日も見られたのは開館前だったそうなので、すぐに諦めた。干潟にはコハクチョウの幼鳥。ハクチョウを東京湾で見たのは初めて。その他メダイ、オオソリもいた。昼まではコオバもいたらしいが、タカの出現で抜けてしまっていたらしい。


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

Wood Warbler モリムシクイ
桜並木で小さな虫を捕食していた。枝の裏についている虫を捕る。(画像4・5)


画像

Long-billed Plover イカルチドリ


画像

White-winged Scoter ビロードキンクロ male


画像

Tundra Swan コハクチョウ juvenile


画像

画像

Lesser Sand Plover メダイチドリ juvenile


01.コハクチョウ juv1
02.ヒドリガモ
03.マガモ
04.カルガモ
05.ハシビロガモ
06.オナガガモ
07.コガモ
08.スズガモ
09.ビロードキンクロ 1
10.カイツブリ
11.カンムリカイツブリ
12.ハジロカイツブリ
13.アオサギ
14.ダイサギ
15.コサギ
16.カワウ
17.ミサゴ
18.トビ
19.オオバン
20.セイタカシギ 3
21.ダイゼン
22.イカルチドリ 11
23.シロチドリ
24.メダイチドリ 3
25.オオソリハシシギ 3
26.キアシシギ 2
27.イソシギ
28.ハマシギ
29.ユリカモメ
30.ウミネコ
31.セグロカモメ
32.カワラバト
33.キジバト
34.モズ
35.オナガ
36.ハシボソガラス
37.ハシブトガラス
38.シジュウカラ
39.ヒヨドリ
40.モリムシクイ #339
41.メジロ
42.ムクドリ
43.ジョウビタキ
44.スズメ
45.ハクセキレイ
46.セグロセキレイ
47.タヒバリ
48.カワラヒワ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック