FIELDNOTE 17.01.04

■稲敷・印旗沼 6:30-16:30
先月に引き続き稲敷方面へ。まず日の出前の干拓地に向かうとコミミズクが3羽飛び回っており、8時頃まで見られた。ハイイロチュウヒも目の前を通過して行った。蓮田の方では前回外したアメウズを3年ぶりに観察することができた。同じ場所ではヨロネン、ヒバリシギ、ジロネン、タカブもいた。その後他のポイントを周り、オオハシシギやイカルチドリなども確認。夕方は印旛沼に立ち寄り、トモエガモの大群やヒシクイなどを見て終了した。


画像

画像

画像

画像

画像

画像

Short-eared Owl コミミズク


画像

画像

画像

画像

Hen Harrier ハイイロチュウヒ male


画像

画像

画像

画像

画像

Pectoral Sandpiper アメリカウズラシギ juvenile
画像1-3:個体A。肩羽に冬羽が見られる。
画像4-5:個体B。冬羽はわずかに伸びる程度。


画像

画像

画像

Little Stint ヨーロッパトウネン
第一回冬羽。


画像

Long-toed Stint ヒバリシギ


画像

Temminck's Stint オジロトウネン
3箇所で15羽以上。


画像

Long-billed Dowitcher オオハシシギ
18羽。


画像

画像

Baikal Teal トモエガモ


画像

Eastern Marsh Harrier チュウヒ


画像

Tundra Bean Goose ヒシクイ


01.ヒシクイ 4
02.ヨシガモ
03.ヒドリガモ
04.マガモ
05.カルガモ
06.ハシビロガモ
07.オナガガモ
08.トモエガモ 500+
09.コガモ
10.ホシハジロ
11.キンクロハジロ
12.ミコアイサ
13.カイツブリ
14.ハジロカイツブリ
15.アオサギ
16.ダイサギ
17.コサギ
18.カワウ
19.ミサゴ
20.チュウヒ
21.ハイイロチュウヒ m1
22.トビ
23.ノスリ
24.クイナ
25.オオバン
26.タゲリ
27.イカルチドリ 1
28.コチドリ
29.タシギ
30.オオハシシギ 18
31.アオアシシギ 1
32.クサシギ
33.タカブシギ
34.イソシギ
35.ヨーロッパトウネン 7
36.オジロトウネン 15+
37.ヒバリシギ 1
38.アメリカウズラシギ 2
39.ハマシギ 20+
40.ユリカモメ
41.カモメ
42.セグロカモメ
43.カワラバト
44.キジバト
45.コミミズク 3+
46.カワセミ
47.チョウゲンボウ
48.コチョウゲンボウ
49.ハヤブサ
50.モズ
51.ハシボソガラス
52.ハシブトガラス
53.ヒバリ
54.ヒヨドリ
55.ウグイス
56.セッカ
57.ムクドリ
58.アカハラ
59.ツグミ
60.ジョウビタキ
61.イソヒヨドリ
62.スズメ
63.ハクセキレイ
64.セグロセキレイ
65.タヒバリ
66.シメ
67.カワラヒワ
68.ホオジロ
69.ホオアカ
70.カシラダカ
71.アオジ
72.コジュリン
73.オオジュリン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック