FIELDNOTE 18.01.31

■銚子 9:00-17:00
今季初の銚子方面。漁港のいたる所で水揚げが行われており、カモメの数は自分が今まで経験した中では一番多かった。丸一日費やして、カナダ7個体を観察できたが、その他の珍しいカモメ類は見つけることができなかった。波崎の漁港内には珍しくアビの幼鳥が入っており、比較的近くで撮影できた。昨年のようなハム類フィーバーは今年はないようだ。


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

Thayer's Gull カナダカモメ
個体A:画像1-2。成鳥冬羽。
個体B:画像3。成鳥冬羽。
個体C:画像4-5。成鳥冬羽。
個体D:画像6。成鳥冬羽。通称「干潟好き」。
個体E:画像7-10。第三回冬羽。
個体F:画像11。第二回冬羽。個体Eの一段下に居た。少し大柄に見えた。
個体G:画像12-15。第一回冬羽。


画像

Glaucous Gull × Vega Gull  シロカモメ×セグロカモメ
第三回冬羽?


画像

Glaucous Gull シロカモメ


画像

Red-throated Loon アビ juvenile


画像

Red-necked Grebe アカエリカイツブリ juvenile


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック