鳥たちとの出会いの記録

アクセスカウンタ

zoom RSS FIELDNOTE 18.04.01

<<   作成日時 : 2018/04/28 14:50   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

■奄美大島1日目 14:30-0:30
毎年行こうと思いつつも、ずっと先送りしてしていた奄美大島。今回春休みの最後の週を使って4日間滞在した。バニラエア1本で行けるのが良い。1日目は14時過ぎと少し遅めの到着。レンタカーを借りて、まずは空港から数キロの大瀬海岸に向かった。シギチ、時には珍鳥が出現するスポットだが、干潮で波打ち際はかなり遠くほとんど鳥が見られないので、早々に切り上げ北部の森に行くことにした。移動中、同行者が車道脇のルリカケスを見つけ撮影。結局4日間の中で最もオープンな場所に長時間とまっていてくれた良い個体だった。1時間ほどで森に到着。ルリカケスや固有亜種のシジュウカラ、ヤマガラ、コゲラ、ヒヨドリなど、ひと通り確認しながら散策を続けると、突然目の前にオオトラツグミが現れた。しかも2羽。求愛給餌もした。警戒心は薄く、明るい場所にも出てくる。以前は「幻の鳥」と言われるほど珍しかったようだが、近年は増加傾向とのこと。いよいよ分布域が北部にまで広がり、昨季からこの場所で確認されるようになったそうだ。もはや幻の鳥の面影が感じられないというのもある意味嬉しいこと。日没近くまで堪能することができた。今回の旅の最大の目的を早くも初日に抑えることができて安心した。日没前は頻繁にカラスバトが飛び回った。駐車場にいたズアカアオバトを見て昼の部終了。
名瀬で奄美名物「鶏飯」を食べて、夜探へ。場所は中部の林道。日付が変わるまでひたすら走り回り、目標のアマミヤマシギは延べ12個体確認できた。ハブなどの両爬も期待したが、道路はカラカラで全く現れず。それでもアマミノクロウサギを11個体、さらにケナガネズミ、アマミトゲネズミのおまけも付いてきて、とても充実した夜となった。北部の森で車中泊。


画像

画像

画像

画像

画像

画像

Amami Thrush オオトラツグミ


画像

画像

Lidth's Jay ルリカケス


画像

Whistling Green Pigeon ズアカアオバト


画像

画像

画像

Ryukyu Scops Owl リュウキュウコノハズク


画像

画像

画像

画像

Amami Woodcock アマミヤマシギ


画像

画像

アマミノクロウサギ


画像

画像

ケナガネズミ



01.ハシビロガモ
02.ミサゴ
03.トビ
04.サシバ
05.オオバン
06.アマミヤマシギ
07.カラスバト
08.ズアカアオバト
09.リュウキュウコノハズク
10.コゲラ
11.オオアカゲラ
12.リュウキュウサンショウクイ c
13.ルリカケス
14.ハシブトガラス
15.ヤマガラ
16.シジュウカラ
17.ヒヨドリ
18.リュウキュウツバメ
19.ウグイス
20.セッカ
21.メジロ
22.オオトラツグミ
23.シロハラ
24.アカハラ
25.イソヒヨドリ
26.スズメ
27.ハクセキレイ
28.アオジ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FIELDNOTE 18.04.01 鳥たちとの出会いの記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる