鳥たちとの出会いの記録

アクセスカウンタ

zoom RSS FIELDNOTE 18.05.15

<<   作成日時 : 2018/07/19 10:07   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

■大授搦・白石町 5:00-17:00

GW中は行くことができなかったので、今年は5月中旬の訪問となった。前日の夜に福岡空港から佐賀まで移動し、道の駅で車中泊。日の出前に干潟に移動した。広大な干潟を見回すと期待を裏切らないシギチの大群。しかしこの日はハヤブサの若い個体が度々現れたせいで落ち着きがなく、飛び回っていることが多かった。満潮2時間前、あれだけたくさんいたトウネンもいつの間にか数百羽にまで減っていた。しかし運が良いことに、手前に来てくれた少数の群れにキリアイ2羽が混じっていた。すぐに飛んでシャッフルされてしまったが、次に飛んできた100羽ほどのトウネンの中にはヨーロッパトウネンも混じっており、こちらは比較的長い時間観察できた。とはいえ依然ハヤブサの影響か落ち着きない状態が続き、本来最も最短距離で観察できる場面になる時間帯には、シギチが1羽もいなくなるという悲惨な状況になった。秋と違い遊歩道には上がって来ないので休憩。再び干潟が現れ始めるタイミングでは1羽のコオバや10羽ほどのオバシギを確認した。どんどん遠くなるので前編終了。


画像

画像

画像

画像

Broad-billed Sandpiper キリアイ
画像1-2、画像3-4は別個体。


画像

画像

画像

Little Stint ヨーロッパトウネン


画像

画像

Greater Sand Plover オオメダイチドリ


画像

画像

Curlew Sandpiper サルハマシギ


画像

Sharp-tailed Sandpiper ウズラシギ


画像

Red Knot コオバシギ


画像

Great Knot オバシギ


画像

Dunlin ハマシギ


画像

画像

Eurasian Curlew ダイシャクシギ


画像

画像

画像

画像

Far Eastern Curlew ホウロクシギ


続いて少し移動し、広大な蓮田を車で流す。タカブシギとウズラシギが目立つ中、一角では2羽のオグロシギが見られた。美しい夏羽で、夕方まで同じ場所に滞在したので堪能できた。コアオアシシギは3カ所で3羽。トウネンも150羽近く入っていたが、珍しいのは混じってなかった。


画像

画像

画像

画像

Black-tailed Godwit オグロシギ


画像

画像

Marsh Sandpiper コアオアシシギ


画像

画像

画像

Sharp-tailed Sandpiper ウズラシギ


画像

Wood Sandpiper タカブシギ


画像

Red-necked Stint トウネン


数字は2日間における最大数。東与賀と白石町の合計。

01.ミヤコドリ 2
02.セイタカシギ m1f1
03.ムナグロ 1
04.ダイゼン500+
05.コチドリ
06.シロチドリ 2
07.メダイチドリ 20+
08.オオメダイチドリ 3
09.タシギ 20+
10.オグロシギ 14
11.オオソリハシシギ 155+
12.チュウシャクシギ 50+
13.ダイシャクシギ 5+
14.ホウロクシギ 30+
15.アカアシシギ 1
16.コアオアシシギ 7
17.アオアシシギ 100+
18.タカブシギ 100+
19.キアシシギ 20+
20.ソリハシシギ 228+
21.イソシギ 1
22.トウネン 1000+
23.ヨーロッパトウネン 1
24.ウズラシギ 90+
25.サルハマシギ 3
26.ハマシギ +++
27.キリアイ 2

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FIELDNOTE 18.05.15 鳥たちとの出会いの記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる