FIELDNOTE 18.07.09

■小笠原航路(復路)
最終日の航路。早朝からアカアシカツオドリがよく出現しました。八丈島近海ではウミツバメ類の姿が目立つようになり、アシナガウミツバメと思われる個体も2回現れました。特段珍しいものは出ない復路でしたが、楽しい航路でした。

画像

画像

Red-footed Booby アカアシカツオドリ


画像

Sooty Tern セグロアジサシ


画像

画像

Leach's Storm Petrel コシジロウミツバメ


画像

画像

Matsudaira's Storm Petrel クロウミツバメ


画像

Sooty Tern セグロアジサシ


画像

Bonin Petrel シロハラミズナギドリ


画像

Red-footed Booby アカアシカツオドリ


画像

Wilson's Storm Petrel アシナガウミツバメ


画像

Streaked Shearwater オオミズナギドリ


画像

Red-footed Booby アカアシカツオドリ


画像

Bulwer's Petrel アナドリ


画像

Black-footed Albatross クロアシアホウドリ


画像

画像

Wilson's Storm Petrel アシナガウミツバメ


正午過ぎ、東京湾に入ったところで観察終了。売店のレモンサイダーで乾杯!

画像



以上が6日間の成果でした。
3日目の硫黄島クルーズは本当に夢のような時間です。鳥が好きじゃなかったら決して目にすることはないであろう光景、また他では味わえない感動があります。時間さえあるのなら絶対に一度はいくべき場所でしょう。
小笠原航路の往復でもレア種が狙えますし、小笠原が初めてという人は父島&母島の固有種もがっつり楽しめる。コスパの良い旅になると思います。
今回、実は初の独り旅だったのですが、往きの船から多くの方々との出会いに恵まれ、とても充実した日々を過ごすことができました。お世話になった皆様、ありがとうございました。


クロウミツバメ3
コシジロウミツバメ3
アナドリ++
シロハラミズナギドリ15
オナガミズナギドリ
アカアシカツオドリ4
カツオドリ3
セグロアジサシ1

八丈島

アシナガウミツバメ1
コシジロウミツバメ4
オーストンウミツバメ1
腰の白いウミツバメsp.2
ウミツバメsp.1
アナドリ++
シロハラミズナギドリ7
オオミズナギドリ
アカアシカツオドリ1
セグロアジサシ2

三宅島

アシナガウミツバメ1
クロアシアホウドリ2
オーストンウミツバメ?
アナドリ
オオミズナギドリ

東京湾

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック