NSW Australia Day2 19.11.07 #1

◼︎Canberra
2日目は首都キャンベラで探鳥することになった。3時起きでシドニーから南へ300km。目的は同行者の方一押しのオウム、Gang-gang Cockatooだ。オーストラリア南西部に生息するが、シドニーやメルボルン近郊よりも、ここキャンベラが断トツで見やすいらしい。首都でありながら二大都市のちょうど中間地点に位置する、何ともアクセスが悪い場所だ。今後一生行く機会が無いかもしれない。
現地到着は7時過ぎ。住宅街を軽く流した後、街を一望できるTelstra Towerの麓に位置するAustralian National Botanic Gardenに向かった。早朝はキンと張りつめた冷気が漂い、おまけに南西からの風が強くて普通に寒い。

写真 2019-11-07 8 14 54.jpg

園内に入って早速見られたのはCrimson Rosella. 亜種によって"Crimson type"と"Yellow type"に分かれ、色合いに大分差が出る。

20191107_01.jpg20191107_04.jpg
Crimson Rosella アカクサインコ


広場ではManed Duckの親子が悠々と餌取りしていた。警戒心はほとんどない。このようなのんびりとした光景が見られるのもオーストラリアならではなのかもしれない。

20191107_07.jpg
Maned Duck タテガミガン


Red Wattlebirdが目線の高さにとまってくれた。

20191107_03.jpg
Red Wattlebird アカミミダレミツスイ


小型のせわしない鳥の群れに当たった。Brown Thornbillを主とする混群のようだ。Thornbillは群れで生活しているものが多く、別の種類が混じっていることが多々あるらしい。この時は5ドル紙幣にも描かれているEastern Spinebill、目元がチャーミングなWhite-naped Honeyeaterが混じっていた。

20191107_12.jpg
Brown Thornbill チャイロトゲハシムシクイ


20191107_09.jpg
Eastern Spinebill キリハシミツスイ


20191107_15.jpg
White-naped Honeyeater ハチマキミツスイ


今回ちょっと楽しみにしていたNew Holland Honeyeaterが現れた。Honeyeaterの中でも比較的奇抜な見た目をしている。普通種のようで、あちこちで見かけた。

20191107_20.jpg
New Holland Honeyeater メジロキヌバネミツスイ


この鳥も見たかった。一瞬で藪の中に潜ってしまった。

20191107_39.jpg
Red-browed Finch フヨウチョウ


そして主役が登場!
同行者の方が特徴的な鳴き声をいち早くキャッチし、遠くにとまるこの雄を発見してくれた。距離を詰めるにつれその全貌が明らかになる。燃え盛るような立派な頭部に、体色は青みがかった光沢。絵図鑑でイメージしていたのより何十倍も美しい鳥だった。ゆったりと羽繕いした後、林の奥へ消えた。
別の場所では雌タイプも見ることができた。

20191107_23.jpg20191107_35.jpg20191107_32.jpg20191107_26.jpg20191107_40.jpg
Gang-gang Cockatoo アカサカオウム


昼前には撤収。ランチを食べて次のポイントへ移動する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント