NSW Australia Day3 19.11.08

◼︎Glen Davis

3日目。この日はペラジックの予定だったのだが、強風のためキャンセルになってしまった。落胆の色は隠せないが、代わりの場所ということで、前日目星をつけたのが超希少種のRegent HoneyeaterやTurquoise Parrotの生息地となっているエリア。シドニーの中心地からはBlue Mountains方面を迂回して3時間ほどかかった。CaperteeからGlen Davis Roadに入り、Glen Aliceとの合流点となる三叉路をさらに東へ進む。その終着点にあるのがキャンプ場で、この周辺で色々と狙えるらしい。

キャンプ場へのアプローチ。両側が台地に挟まれた草原を進む。

写真 2019-11-08 5 09 40.jpg


草地ではRed-rumped Parrotの群れやAustralian Pipit、Nankeen Kestrelなどに出会った。

20191108_01.jpg
Red-rumped Parrot ビセイインコ


20191108_04.jpg
Australian Pipit オーストラリアマミジロタヒバリ


キャンプ場に到着した。鳥影はかなり多い。
Honeyeaterは概ねこの4種類。最も多いのがWhite-plumed Honeyeater. Noisy Friarbirdは数が多いがなかなか撮影ができない。

20191108_17.jpg
White-plumed Honeyeater ミミジロコバシミツスイ


20191108_14.jpg
Yellow-tufted Honeyeater キムネミツスイ


20191108_09.jpg
New Holland Honeyeater メジロキバネミツスイ


20191108_23.jpg
Noisy Friarbird ズグロハゲミツスイ


キャンプ場に1個体だけいたJacky Winter. 地味だが可愛い。

20191108_06.jpg
Jacky Winter オジロオリーブヒタキ


Treecreeperの仲間。キツツキのように木を登っていたり、地面をホッピングしていたりと、同じ鳥とは思えない習性だった。

20191108_11.jpg20191108_37.jpg
Brown Treecreeper チャイロキノボリ


Dusky Woodswallowが林内を飛び回る。

20191108_21.jpg
Dusky Woodswallow ウスズミモリツバメ


けたたましい声が聞こえると思ったら、Sacred Kingfisher! こんな林の中にいるイメージは無かったのでびっくりだ。

20191108_19.jpg
Sacred Kingfisher ヒジリショウビン


よくわからない鳥。ツグミ類だと思ったらOrioleの幼鳥だった。

20191108_10.jpg
Olive-backed Oriole シロハラコウライウグイス


これは見たかった!1科1種のshriketitだ。ちょうど巣作りをしていたので見やすかった。IOCでは現在、北部、南東部、南西部の3亜種に分かれているが、今後Northern, Eastern, Western Shriketitに種分化される可能性が高い。今回は南東部に生息するEastern.

20191108_27.jpg20191108_24.jpg
Crested Shriketit ハシブトモズヒタキ


キャンプ場を離れ、林内へ進む。現れたのは子育て中の綺麗な小鳥。ちょいレアらしい。

20191108_30.jpg
Restless Flycatcher フタイロヒタキ


またしてもよくわからん鳥が出た。こんなところにPipit??と思ったが、後に調べたらGrassbirdの近縁種だった。これもちょいレアかな。

20191108_28.jpg
Brown Songlark ヒバリモドキ


藪の中でFairy-wrenらしき鳥が動いたので念のため確認したらビンゴ!Variegatedだ!! これは見たかった。周辺のエリアでは圧倒的にSuperbが多いので、危うく見落とすところだった。美しくて愛らしい鳥だ。

20191108_34.jpg
Variegated Fairywren ムナグロオーストラリアムシクイ


同時にVariegatedが出ていたので、さらっとスルーしてしまった。昨日も見たやつ。

20191108_32.jpg
White-naped Honeyeater ハチマキミツスイ


枯れた川沿いを歩く。同行者に会うとさっきまでちょいレアBabblerがいたらしい。探したが見れず。代わりに出てきたのがEastern Yellow Robin.シャイで難しかった。

20191108_38.jpg
Eastern Yellow Robin ヒガシキバラヒタキ


White-naped Honeyeaterとは何か違う気がして念のため撮影しておいた。調べたらBlack-chinned Honeyeater。別種だった。

20191108_41.jpg
Black-chinned Honeyeater ノドグロハチマキムシクイ


Grey Shrikethrushが綺麗な歌声で囀っていた。全土に生息するが、5亜種に分かれ、亜種ごとにレパートリーがあるらしい。

20191108_40.jpg
Grey Shrikethrush ハイイロモズツグミ


この場所唯一のキーバードだったかもしれない。Diamond Firetail. めちゃくちゃ見たかったので現れた時はかなり興奮したが、あっという間に飛び去ってしまった。。。いつか必ずリベンジを。

20191108_36.jpg
Diamond Firetail オオキンカチョウ


こんな感じで種数は出て個人的には嬉しかったが、狙っていたスターバードは出ないまま終了。もう1ポイント行こうと思ったら、山火事で通行止め。なんとも不運だったが仕方ない。ということでここからは車で適当に流しながら探鳥。気温も上がり暑くなり、鳥の活性は一気に悪くなった。

ロードサイドにButcherbirdの雛がいたので車を止めて降りる。

20191108_49.jpg
Grey Butcherbird ハイイロモズガラス


木陰にインコが3種類いた。Eastern Rosella, Red-rumped Parrot, Galah. 活性が悪い。

20191108_46.jpg
Eastern Rosella ナナクサインコ


White-plumed Honeyeaterの群れの中に、よく見ると微妙に模様が違うHoneyeaterがいた。

20191108_52.jpg
White-plumed Honeyeater ミミジロコバシミツスイ


20191108_51.jpg
Fuscous Honeyeater コバシミツスイ


ハチクイ!普通種だが、シンプルに嬉しい。

20191108_60.jpg
Rainbow Bee-eater ハチクイ


運転中にFiretailが横切った。急いで降りるがすでに姿はなく、代わりにいたのがちょいレアなこの鳥。日本人には人気が出そうな配色だが、ちゃんと撮影できなかったのが残念。またいつか〜。

20191108_54.jpg
Hooded Robin クロズキンヒタキ


午後も不調のまま。ようやく出たnew sp.

20191108_55.jpg
Yellow Hornbill ヒメトゲハシムシクイ


最後に撮影したのはGrey-crowned Babbler. オーストラリアにもBabblerが生息しているとは知らなかった。動きは素早く、撮影が難しかった。

20191108_57.jpg
Grey-crowned Babbler オーストラリアマルハシ


Regent HoneyeaterとTurquoise Parrotはどちらも見ることができず残念だった。難易度の高い鳥なので、何度も通う必要があるだろう。ebirdで直近の記録があったRegentのポイントは山火事で立入禁止となっていたわけだが、帰国後あんなに深刻な問題となるなんて、この時は思いもよらず。Regentは絶滅にリーチをかけたと言っても過言でないだろう。

Maned Duck
Pacific Black Duck
Grey Teal
Crested Pigeon
Peaceful Dove
White-faced Heron
Sacred Kingfisher
Rainbow Bee-eater
Galah
Sulphur-crested Cockatoo
Red-rumped Parrot
Crimson Rosella
Brown Treecreeper
Variegated Fairywren
Superb Fairywren
New Holland Honeyeater
Noisy Friarbird
Black-chinned Honeyeater
White-naped Honeyeater
Red Wattlebird
Yellow-tufted Honeyeater
Noisy Miner
Fuscous Honeyeater
White-plumed Honeyeater
Yellow Thornbill
Grey-crowned Babbler
Dusky Woodswallow
Australian Magpie
Grey Butcherbird
Black-faced Cuckooshrike
Crested Shriketit
Rufous Whistler
Grey Shrikethrush
Olive-backed Oriole
Willie Wagtail
Magpie-lark
Restless Flycatcher
Australian Raven
White-winged Chough
Eastern Yellow Robin
Hooded Robin
Jacky Winter
Welcome Swallow
Brown Songlark
Common Starling
Diamond Firetail
Australian Pipit

New Species =25

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント