Norfolk Island Day4 19.11.13

◼︎Norfolk Island
4日目。
目的のNorfolk Parakeetも抑えすっかり余裕モードに突入した我々は、朝はゆったり起き、散歩がてらに国立公園を周った。しかし昨日のエリアにインコの姿は無く、早々に撤収。時間があるので、島の南側に位置する世界遺産の囚人遺跡を観光した。立入制限などは無く、自由に遺跡内を歩き回ることができる。
ノーフォークとの景観にもマッチして風情のある景観だった。

IMG_7835.JPGIMG_7851.JPGIMG_7853.JPGIMG_7852.JPG

遺跡と鳥のツーショットも。

20191113_04.jpg20191113_07.jpg

島唯一のビーチ。泳ぐにはちょっと寒い。

IMG_7861.JPG


シエスタを挟み、午後はいよいよ旅のメイン、海鳥が繁殖するフィリップ島へ!
どうやら他の参加者も交えたツアーのようで、我々以外はほぼ観光目的のようだった。自然を見ながら頂上とを約4時間で往復し、その道中が海鳥パラダイスとなる。

20191113_09.jpg

南側のピアから小型船で15分ほど。島が近づくと、大量のGrey Noddyが出現!すでに規格外だ。

20191113_10.jpg
Grey Noddy ハイイロアジサシ

島に接岸できる場所はここだけ。波や潮の高さによっては接岸できない。この日は結構な揺れがあり、タイミングを見計らって船首から飛び降りなければならなかった。

IMG_9792.jpg

船を降りると大量のアカオネッタイチョウが頭上を飛び回っていた。何度見ても贅沢な光景。

IMG_7887.JPG20191113_18.jpg
Red-tailed Tropicbird アカオネッタイチョウ

さっそく試練。15mほどの崖を登った。この間アジサシ類が目の前にいるが、カメラを出せずもどかしい。

IMG_7890.JPG

崖を登ると視界が開けた。すると頭上を飛び出したのがハグロシロハラミズナギドリ!アドレナリンが出まくる!

20191113_20.jpg
Black-winged Petrel ハグロシロハラミズナギドリ

道端にはアオツラカツオドリの親子。雛は一番可愛いお年頃なのではないか。少しだけ撮影させてもらう。

20191113_22.jpg
Masked Booby アオツラカツオドリ

ハグロシロハラは目線の高さを飛び始める。巣のある地上に降りたいようなのだが、風が強くて上手に降りれないらしい。

20191113_42.jpg20191113_62.jpg20191113_27.jpg20191113_54.jpg
Black-winged Petrel ハグロシロハラミズナギドリ

この眺めを背景に海鳥が飛び交う。

IMG_7895.JPGIMG_7896.JPG

アカオネッタイチョウのコロニーも見ることができた。薮の中に巣を作るようだ。

20191113_67.jpg
Red-tailed Tropicbird アカオネッタイチョウ

頭上をハグロシロハラが飛び交う中、1羽だけ茶色くずんぐりとしたミズナギドリが目に止まった。瞬時に「カワリ!!」と叫び、撮影。しかし、シャッターを押せた感触がない。電源を入れ直しても撮影できない。画面には"Error"の文字。無残にもカワリシロハラが真上を飛び回っている状況で、カメラが故障した。
同行者の方が瞬時に出してくれたサブ機に交換し、遠ざかったところを撮影したのが下の画像。間に合ってよかったが、それにしてもなんという不運。いや、むしろサブ機を貸してくれる同行者の方がいてくれたのを不幸中の幸いと捉えるべきかもしれないが。。。

20191113_68.jpg-3.JPG20191113_68.jpg-2.jpg
Kermadec Petrel カワリシロハラミズナギドリ

動揺の色は隠せないが、ツアーは続く。これ以降はフルサイズの5Dで撮影したため、キレッキレの画像になる。これに関しては怪我の巧妙か(笑)同行者の方のフォローには本当に感謝しかない。

ヒメクロアジサシは繁殖を終えたばかりのようで、島にはあまり残っていなかった。

20191113_68.jpg-6.JPG
Black Noddy ヒメクロアジサシ

地面にいたハグロ。

20191113_72.jpg
Black-winged Petrel ハグロシロハラミズナギドリ

抱卵中のカワリ!スマホで撮影。クビワオオシロハラも少数繁殖しているらしいが、今回は見られなかった。

IMG_7921.JPG
Kermadec Petrel カワリシロハラミズナギドリ

頂上付近ではアカオネッタイチョウが眼下を乱舞。もう今後こんな経験は無いかもなあ。
この頃にはカメラがぶっ壊れたショックなどすっかり忘れていた。それくらい無我夢中にさせられる島のポテンシャルの高さ。

20191113_73.jpgIMG_9793.PNG
Red-tailed Tropicbird アカオネッタイチョウ


ここからは下り。海鳥に夢中になりながら登ってきたので実感がなかったが、結構高いところまで来ていたようだ。復路は景色も楽しみながら下る。

IMG_7935.JPG

西日に変わり、綺麗に撮影できる。

20191113_83.jpg20191113_97.jpg
Black-winged Petrel ハグロシロハラミズナギドリ


20191113_78.jpg20191113_100.jpg
Masked Booby アオツラカツオドリ

最初に登った崖まで到達。クロアジサシとハイイロアジサシがとまっていた!

20191113_102.jpg
Brown Noddy クロアジサシ


20191113_107.jpg20191113_123.jpg
Grey Noddy ハイイロアジサシ

船に乗り、島を去る。めちゃめちゃ楽しかった。
しかしノーフォーク島に戻る航路も油断はできない。爆速・爆揺れの中、気合でファインダーにおさめる。

20191113_127.jpg
Grey Noddy ハイイロアジサシ


20191113_129.jpg
Masked Booby アオツラカツオドリ

そして最後の最後にハイライト。
Little Shearwaterが飛んだ。実は往路でも2羽飛んだのだが、撮影できなかった。復路も数羽を確認できたことで、この海域では高確率で狙えるという確信に至った。明日、この鳥一点狙いで船を出す。結果やいかに。

20191113_130.jpg
Little Shearwater ヒメミズナギドリ


Phillip Island 13:00-18:00

Brown Noddy 2
Black Noddy +++
Grey Noddy +++
White Tern +++
Sooty Tern +++
Red-tailed Tropicbird +++
Kermadec Petrel 2
Black-winged Petrel +++
Wedge-tailed Shearwater +++
Little Shearwater 6+
Masked Booby +++

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント