Taiwan Day3 20.01.11

◼︎大雪山

3日目。
この日も朝から天気が良い。昨日までで相当の成果を残せているつもりだったが、実は取りこぼしの種もまだまだ多い。特に抑えておきたいのはミカドキジ、ミヤマテッケイ、タケドリ、キンイロダルマエナガ。夜はHimalayan Owl. そしてもう少し時季的優先種のタイワンツグミを欲張りたい。さて、あと2日間で何種追加できるだろうか。

朝食はカットして、日の出直後に49kへ。以前はミカドキジがよく出たそうだが、1,2年前の土砂崩れ以降、かなり見づらくなったらしい。しかも天候が良すぎるというのも仇となったか、残念ながら気配無し。
ミカドキジ捜索中に撮影したのはこれくらい。

20200111_01.jpg
Collared Bush Robin アリサンヒタキ endemic


20200111_02.jpg
Taiwan Rosefinch タイワンマシコ endemic


タイワンマシコの綺麗な雄が飛んできて、目の前にとまった!好条件なのはまあまあレアなので大興奮。オオマシコ的なローズピンクはやはり目を見張るものがある。

20200111_04.jpg
Taiwan Rosefinch タイワンマシコ endemic


周回路ではニイタカキクイタダキなど。昨日よりも良い条件で!本当に可愛いので、見かけると時間をかけてしまう。

20200111_11.jpg20200111_10.jpg
Flamecrest ニイタカキクイタダキ endemic


20200111_23.jpg
Coal Tit ヒガラ


20200111_20.jpg
Taiwan Barwing シマドリ endemic


タイワンマシコももう一度撮影の機会に恵まれた!草地に出てくるとは意外だった。

20200111_17.jpg
Taiwan Rosefinch タイワンマシコ endemic


池の周りでも色々。ここではキンイロダルマエナガを特に狙っていたのだが、いない。ヒレンジャクは台湾では比較的珍しい。鳴きながら飛んできて、一度水飲みに降りてきた。ルリビタキも数はそんなに多くない印象。

20200111_28.jpg
Taiwan Rosefinch タイワンマシコ endemic


20200111_27.jpg
Japanese Waxwing ヒレンジャク


20200111_32.jpg
Spotted Nutcracker ホシガラス


20200111_30.jpg
Yellow-bellied Bush Warbler ミヤマウグイス


20200111_33.jpg
Red-flanked Bluetail ルリビタキ


駐車場まで戻ると、再びニイタカキクイタダキが良いところに出てきた。何度見ても飽きない!

20200111_40.jpg20200111_44.jpg
Flamecrest ニイタカキクイタダキ endemic


一度宿で小休憩。途中の林道沿いではコシジロムシクイ。普通種なのでこれまでも何度か見ていたが、撮影はできていなかった。

20200111_45.jpg
Rufous-faced Warbler コシジロムシクイ


昨日と同様、午後は23kまで下る。
到着早々、駐車場横の崖下をのぞくと、なんとミヤマテッケイが4羽の家族で来ていた!本来警戒心が強い難関種のはずだが、こんな見やすいとは思わなかった。ここに来る個体はある程度人馴れしているのだろう。胴体を揺さぶって枯葉をかき分け採餌する。

20200111_55.jpg20200111_51.jpg20200111_87.jpg20200111_85.jpg
Taiwan Partridge ミヤマテッケイ endemic


サンケイの雄もこの日は大サービス!

20200111_58.jpg20200111_62.jpg20200111_83.jpg20200111_76.jpg
Swinhoe's Pheasant サンケイ endemic


興奮すると"とさか"が伸びる。同行者に教えてもらって撮影できた。

20200111_66.jpg
Swinhoe's Pheasant サンケイ endemic


一方で小鳥の方はというと、昨日のようなバードウェーブもなく、タイワンツグミも気配が無い。霧が濃くなる一方なので、昨日より早めに撤収した。
撮影したのはメジロチメドリくらい。烏来では一度しか見なかったが、こちらでは頻繁に見かけた。

20200111_91.jpg
Grey-cheeked Fulvetta メジロチメドリ endemic


39kあたりでサンケイのカップルに遭遇。雄が苔生す倒木の上に乗ってくれて、良い感じに撮れた。
もう1つの収穫はタケドリの囀りをキャッチできたこと。台湾屈指の難関種。粘ったが、近くに寄ってくる気配は無かった。。。

20200111_94.jpg20200111_97.jpg
Swinhoe's Pheasant サンケイ endemic


宿に到着する頃には薄暗くなっていた。車のヘッドライトでルリチョウ。

20200111_98.jpg
Taiwan Whistling Thrush ルリチョウ endemic


最後のナイトバーディング。Himalayan Owlに重点を置いて林道を流したが、結果的に鳴き声を4, 5回キャッチしたのみ。距離を詰めようとするとまた遠ざかったり、全く鳴かなくなったりと、かなり難しかった。
タイワンコノハズクは初日と同じ個体に再び出会うことができ、丸坊主は回避できた。

20200111_104.jpg20200111_99.jpg20200111_103.jpg
Mountain Scops Owl タイワンコノハズク


追加種が少なかった1日。それでも相変わらず種数は多いし、タイワンマシコの雄やミヤマテッケイは見応えがあった。明日はいよいよ最終日。


Taiwan Partridge
Swinhoe's Pheasant
Ashy Wood Pigeon
Mountain Scops Owl
Taiwan Barbet
Grey-chinned Minivet
Grey Treepie
Spotted Nutcracker
Japanese Waxwing
Coal Tit
Green-backed Tit
Rufous-faced Warbler
Yellow-bellied Bush Warbler
Black-throated Bushtit
Grey-cheeked Fulvetta
White-whiskered Laughingthrush
Taiwan Barwing
White-eared Sibia
Taiwan Yuhina
Swinhoe's White-eye
Flamecrest
Eurasian Wren
White's Thrush
Pale Thrush
Brown-headed Thrush
Vivid Niltava
Collared Bush Robin
Red-flanked Bluetail
Taiwan Whistling Thrush
Taiwan Rosefinch

New Species =3

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント