FIELDNOTE 20.02.03-04

◼︎MF

2月3日。
朝寝坊して昼過ぎから近所を周る。風もなく穏やかなので海ガモをカウントし、今季最多数を叩き出した。1周して知人と立ち話。
15時を過ぎ、帰路に向かう。ついでに比較的岸寄りに群れているスズガモの群れを双眼鏡でスキャンした。往路でひと通りチェックしているのだが、見落としてる可能性もあるので、軽く目を通しておくかというノリ。
まさかこの丁寧な作業が功を奏すとは思いもしなかった。これが最後と決めた群れの中に、小柄な頭部を捉える。胴体はあちら側に向けて寝ているが、それでも違和感を感じるということは、まさかホンモノではないか。普段なら再びスコープを組み立てる労力すらも惜しむのだが、この時ばかりは反射的にスコープをセット。覗くと正真正銘のコスズガモだった。

発見時はこんな感じ。だいぶ頭部が小さく見えた。

20200203_62.jpg
Lesser Scaup コスズガモ


すでに15時半だったので、日没は近い。ほとんど起きなくて苦労したが、どうにか明るい時間帯に翼以外の各特徴を抑えることができた。

20200203_50.jpg20200203_43.jpg20200203_47.jpg20200203_56.jpg
Lesser Scaup コスズガモ


17時。すでに150羽ほどの群れになっていたが、一部のスズガモが活発になり始めた。それに釣られるかのようにコスズも動き始める。

20200203_64.jpg20200203_72.jpg
Lesser Scaup コスズガモ

最終的にはスズガモ6羽とコスズが群れから完全に分離。200mほど泳いだ後、南方向へ飛び去った。その際翼のパターンもおさえることができた。

20200203_73.jpg20200203_75.jpg20200203_74.jpg20200203_77.jpg20200203_78.jpg20200203_82.jpg
Lesser Scaup コスズガモ


新浦安では個人的には4個体目。雄は2016年12月以来なので、久しぶりだった。ここ数年は特に地元のコスズガモにこだわって捜索していたので、喜びも一入。最高の1日だった。

翌4日も念入りに探したが見つからなかった。

2/3-4 Urayasu

Horned Grebe 3
Red-necked Grebe 1
American Wigeon ♀a1
Lesser Scaup ♂a1
Long-tailed Duck ♂a1
Stejneger's Scoter 259+
Black Scoter 270+
Dunlin 80+
Red-necked Stint aw1
etc.

"FIELDNOTE 20.02.03-04" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント