テーマ:茨城県

FIELDNOTE 20.01.05

◼︎茨城県・千葉県 8:00-20:00 知人と3ヶ所の池を周った。アメリカコガモ4個体、コガモ雄化などに加え、昨年末に発見したコガモ×トモエガモの雑種を幸運にも再観察することができた。近距離で撮影できたので、新たな特徴もいくつか判明した。観察地は前回とは違う池で、直線距離で約20km離れている。両池を行き来する行動パターンも含め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 19.12.23

◼︎茨城県・千葉県 今季初のチバラキ方面。 1ヶ所目の池では特に成果なし。直前までいろいろ面白いカモが出ていたようだが。トモエガモが近かった。 Baikal Teal トモエガモ male 銚子に移動。 水揚げはなくカモメ類もかなり少なかったが、堤防に群れる100-の群れの中で、頭部が真っ白な大型が目にとま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 19.10.09

◼︎茨城県 Pectoral Sandpiper アメリカウズラシギ juvenile Sharp-tailed Sandpiper ウズラシギ juvenile Black-tailed Godwit オグロシギ juvenile Marsh Sandpiper コアオアシシギ ju…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 19.09.05

◼︎千葉県・茨城県 日の出から三番瀬へ。 スコープで干潟を一望すると、頻繁にトウネンが目に入ってくる。いつもより明らかに多い。何か混じらないか注意しつつ、エリマキ幼鳥、オバ10羽と行動するコオバ成鳥を観察。当地でエリマキは珍しい。コオバは27日が初認なので長期滞在だ。メダイは少なくとも32羽いるが、オオメダイは混じっていない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 19.05.05

◼︎千葉県・茨城県  春の渡りも本格化してきたので、海と田園を周る。まずは海。最初のポイントはシギチが少なく早々に退散したが、次のポイントでは海水浴場のテトラポット上でメリケンキアシシギを発見することができた。外房エリアにも複数個体飛来していると思われるが、毎年地元で観察していたので、今回当地では初見となった。 Bar-ta…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 19.01.02

■茨城県・千葉県 6:30-20:00 ビッグデイ2019。ルールは至ってシンプルで、24hでできるだけ多くの種類をカウントするというもの。チバラギのポテンシャルを存分に発揮したいと思い、参加した。この時期最も種数を稼げるであろうポイントをピックアップし、それぞれ時間制限を設けてタイムスケジュールを固めた。 site1は干潟。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 18.10.03

■稲敷 Black-tailed Godwit オグロシギ Spotted Redshank ツルシギ Marsh Sandpiper コアオアシシギ Long-billed Dowitcher オオハシシギ Black-winged Stilt セイタカシギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 18.09.15

■茨城県 8:00-16:00 朝から稲敷方面。午前中は雨の中でのシギチ探しとなった。田んぼはジシギ類が少なく、タシギのみ。早めに諦めて蓮田へ。道沿いから収穫済みの蓮田をしらみつぶしに探して行くと、遠目にオオハシシギとアオアシシギの影を見つけた。近づくとコアオアシシギやウズラシギ、エリマキシギも混じっていた。ポイントを変えるとタカブと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 18.09.01,05,11

■茨城県・千葉県 9/1 朝は田園を周るが、ムナグロの群れが見られたくらいでジシギ類の姿は無い。蓮田では今シーズン初のヒバリシギ幼鳥3個体、コアオアシシギ5個体、ウズラシギ成鳥6個体などを観察できた。種類・数とも増加傾向だ。昼過ぎ再び田園を探索し、チュウジシギ1個体、タシギではないジシギ1個体を確認した。 Sharp-ta…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 18.08.04,15,18

■千葉県・茨城県  8/4 早朝から海岸に行くが、特に何も見られないので田んぼに移動。オオジシギ3個体(成鳥1,幼鳥1,年齢不明1)を観察できたほか、タマシギ幼鳥2個体。蓮田では早くもジロネン1個体、タカブシギ幼鳥を初認した。 Latham's Snipe オオジシギ adult Latham…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 18.05.06

■稲敷・香取 7:00-14:00 稲敷方面へ。まずは蓮田。数日前から確認されているツルシギが2羽。先日オオハシシギなどが見られたエリアでは、5羽のヨロネンと、引き続きコアオアシシギが見られた。ヨロネンは越冬個体群と思われる。続いて田んぼ。前回とは打って変わってシギチの数が増加し、あちこちで常連組が見られた。特別珍しいのは見られなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 18.04.30

■稲敷・香取 8:00-16:00 稲敷方面へ。まずは蓮田周り。毎年オオハシシギなどが見られるエリアは空っぽで、タシギが数羽いたのみ。越冬は確認しているのでどこかにいるのだろう。しかしポイントを移すとこの辺りでは普段はあまり見られないのだが、オオハシ2羽を確認した。さらにタカブの群れに混じりコアオアシ。夏羽も出ていて美しい。期待してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 18.03.10

■銚子 9:00-16:30 朝から銚子へ向かった。土曜日ということもあり水揚げは行われておらず、第二漁港の堤防は空っぽ。そんな中干潟周辺は多くの大型カモメが見られたので、終日このポイントで観察した。カナダカモメは少なくとも10個体確認できた。また以前から縁が無かったスミスの常連個体もようやく見ることができた。その他ミツユビカモメが多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 18.02.06

■神栖・銚子 2週続けての銚子方面。カモメの数は先週に負けず劣らず多かった。カナダカモメは多く見られたが、その他特段珍しいものを見つけられないまま、この日もまた日没を迎えた。ミツユビカモメが第三漁港に数羽入っていた。 Smew ミコアイサ male Western Osprey ミサゴ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 18.01.31

■銚子 9:00-17:00 今季初の銚子方面。漁港のいたる所で水揚げが行われており、カモメの数は自分が今まで経験した中では一番多かった。丸一日費やして、カナダ7個体を観察できたが、その他の珍しいカモメ類は見つけることができなかった。波崎の漁港内には珍しくアビの幼鳥が入っており、比較的近くで撮影できた。昨年のようなハム類フィーバーは今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.01.04

■稲敷・印旗沼 6:30-16:30 先月に引き続き稲敷方面へ。まず日の出前の干拓地に向かうとコミミズクが3羽飛び回っており、8時頃まで見られた。ハイイロチュウヒも目の前を通過して行った。蓮田の方では前回外したアメウズを3年ぶりに観察することができた。同じ場所ではヨロネン、ヒバリシギ、ジロネン、タカブもいた。その後他のポイントを周り、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.12.22

■稲敷 6:30-11:30 午前中だけ時間が取れたので稲敷に向かった。まずは日の出前から猛禽狙いで干拓地へ。移動中に早速ハイイロチュウヒの雄が真横を飛んだので車を止めて待機すると、一度だけ近くを飛んでくれた。またちょうど多数のコジュリンの餌場になっており、時折ホオアカも出てきた。順光側に周り再びハイチュウが近くを飛んで満足できたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.11.21

■稲敷・香取・神栖 6:30-16:30 早朝から定番のコースを回った。稲敷方面ではホシムクドリやハイイロチュウヒなどを見ることができた他、今までちゃんと見たことのないコチョウゲンボウの雄をゆったり車の中から堪能した。越冬シギチはあまり見られず、少数のジロネン、オオハシなどが居たのみ。午後は香取に寄りつつ神栖方面に移動しカモを観察した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.11.05

■銚子・神栖・稲敷  銚子の防風林でイスカが出ているとのことで朝から向かった。散策路を一周するとマヒワの群れが見られたくらいで、上空を雌雄のハイタカが飛び回っていたこともあってイスカは全く気配がなく、10時過ぎに諦めて稲敷方面に移動した。途中ポイントを転々とするも、猛禽類が多く見られたくらい。鴨池も珍しいのは居なかった。稲敷の蓮田には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.09.24

■稲敷・神栖・谷津干潟 6:30-16:30 あちこちで蓮の収穫が進む頃、そろそろシギチの渡りも本格化しているだろうと思い稲敷方面へ。早朝まず最初に訪れた蓮田ではいきなりオグロシギの群れ。成鳥が1羽いて驚いた。最近ネット上で見たのは全て幼鳥だったので、入ってきたばかりなのだと思う。朝日に照らされ美しい夏羽だった。そのうちツルシギも2羽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.08.30

■稲敷・香取 8:30-15:00 朝から稲敷方面。前回の下見を参考に、蓮田ポイントをまわった。最初のポイントではコアオアシシギが3羽いたが遠かった。次のポイントでは車を止めて歩いてみると、ジロネン、ヒバリ、ウズラなどを見ることができた。トウネンの幼鳥群も多く飛来していた。次に訪れた場所ではトウネン3羽と共にヨロネンの幼鳥1羽を確認し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.08.19

■三番瀬・香取・稲敷 5:30-17:00 早朝は三番瀬へ。到着時はすでにネットの奥まで干潟が広がっていた。新たな顔ぶれとしてハマシギ成鳥とトウネン幼鳥。トウネンはまともに成鳥を見ないまま世代交代してしまった。そしてオバシギの成鳥2羽。うち1羽は嬉しいフラッグ付だった。それにしても相変わらず三番瀬を訪れる一部のカメラマンは、自分たちが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.08.03,05

■三番瀬・葛西臨海公園 5:30-13:00 (3日)辛かった試験がようやく終わったので、さっそく鳥見へ。まずは早朝の三番瀬から。メダイは例年よりはるかに少なめ、トウネンに関しては危機的状況らしい。この日は到着時からハヤブサが浜に居座っていたので、きっとこいつのせいだと信じたい(汗)。そんな状況の中、先日市川側の浜辺でコチドリの雛が孵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.05.14

■稲敷・香取・笹川 7:30-15:30 春の渡りが本格化している田園地帯を訪れた。まずは稲敷。蓮田は鳥影がなく、1ヶ所でタカブが見られたのみ。例年シギチが多く入る田んぼもチュウシャクがちらほら見られる程度で寂しい状況だった。早めに香取に場所を移すと、こちらではキアシ、キョウジョを中心とした群れが数多く見られた。トウネンは2グループが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.04.14

■涸沼・稲敷・谷津干潟 7:00-16:00 遠征後は大学の用事で忙しく、やっと鳥見に出られた。ライファーが3ヶ所で出ておりどこに行くべきか悩んだが、日本初記録の鳥を選んだ。結果的に他のライファーはこの日すでに抜けており良い采配だった。目覚ましを間違えて16時にセットしており、奇跡的に目覚めた時はもう5時。急いで支度を済ませ、常磐道を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.03.18

■千葉県・茨城県 1:30-18:00 この日の探鳥は夜探からスタート。ヤマシギ1、コミミズク2、サンカノゴイの初鳴きなどを確認することができた。少し仮眠して日の出から再び鳥見。ハイチュウ雌が車の真横を通過した後、まずは茨城県の池へ。大半のオナガガモがごっそり抜けており、随分寂しくなっていた。目的のカモを見て池の奥へ移動すると、カモメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.02.03

■笹川・波崎・銚子 7:00-17:30 銚子方面へ。まずは銚子に向かう前に笹川をまわったが特に成果はなかった。波崎へ移動。ウミアイサの姿が目立った。オオハムの幼鳥が4羽も入っていた。12月にようやくライファーとなったオオハムはこれで8個体目くらい。今季はやけに多い。銚子は水揚げはなかったものの、カモメ類は前回より多かった。第3漁港で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.01.14

■稲敷・銚子 7:30-16:00 試験期間に突入する前に、稲敷と銚子へ。まずは稲敷から。車でポイントを流すと、タカブ、クサ、セイタカ、タシギ、ムナグロなどいつものメンツ。車を降りて蓮田地帯を普段より範囲を広げて探してみるも、先日同様ジロネンが14羽以外はシギチの追加はなかった。捜索中とある一角の葦原からは、クイナやオオセッカのcal…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.01.04

■千葉県・茨城県 6:30-17:00 日の出前に着きそうだったのでチュウヒの塒立ちを見ることに。塒入りと違い一斉に飛び立つので、朝からクライマックスという感じだった。。ハイチュウにモビングするコチョウゲンも見ることができた。ふとオオセッカの地鳴きが聞こえたので待ってみるが、とにかく姿を現さず、数メートルの距離にいてちょっと脅かしても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 16.12.30

■千葉県・茨城県 7:30-17:00 前回時間をかけれなかった稲敷からスタート。1時間ほどの周回で、ジロネン・コアオアシ・セイタカ・ムナグロ・タカブ・クサを確認。どこかでヒバリシギやヨロネンも越冬してるはずなので、これも追々観たい。途中ソデグロヅルを撮影しながら波崎・銚子へ移動。年末で水揚げはなく、カモメ類は少なかった。その後は九十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more