アクセスカウンタ

鳥たちとの出会いの記録

プロフィール

ブログ名
鳥たちとの出会いの記録
ブログ紹介
大学生ブログ。
東京湾を中心に鳥見をしています。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
FIELDNOTE 18.03.18-29
FIELDNOTE 18.03.18-29 ■東京湾 (18日)MFの護岸。久しぶりにヨロネンが飛来。4羽中3羽で第一回夏羽の特徴である外側初列風切の換羽を観察することができた。同一個体群は19日、22日にも確認したが、その後は飛来していない。 (26日)サンカノゴイなどを狙いに葛西へ。センター前不調。西渚に移動中ムジセッカの地鳴きが聞こえたので探すと、上の池西側の藪で採餌中の個体を確認。これ以前、以降は見られてないので一時的な滞在と思われる。渚では多数のユリカモメ、ミヤコドリに加え、ダイシャク3、アオアシ4、シロカモメ1、クロツラな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/21 21:27
FIELDNOTE 18.03.10
FIELDNOTE 18.03.10 ■銚子 9:00-16:30 朝から銚子へ向かった。土曜日ということもあり水揚げは行われておらず、第二漁港の堤防は空っぽ。そんな中干潟周辺は多くの大型カモメが見られたので、終日このポイントで観察した。カナダカモメは少なくとも10個体確認できた。また以前から縁が無かったスミスの常連個体もようやく見ることができた。その他ミツユビカモメが多数漁港内に入っていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/18 01:15
香港遠征3日目 18.03.07
香港遠征3日目 18.03.07 ■香港湿地公園 10:30-15:30 合宿最終日は湿地公園へ。お隣マイポの下位互換ではあるものの、日本人にとっては嬉しい鳥が多く見られ楽しかった。カワセミ類が見られず残念だった。宿に戻る途中、30分だけ九龍公園に立ち寄った。すると道すがら「学生さん?」と日本人の方に声をかけられ、ついさっきまでオオバンケンがいたという場所を案内して頂いた。幸いオオバンケンはまだおり、オオホンセイインコのモビングを受けている真っ最中だった。時間の都合上あと5分で切り上げなければならなかったところ、幸運にもオオバ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/12 21:59
香港遠征2日目 18.03.06
香港遠征2日目 18.03.06 ■タイポカウ 8:30-16:30 2日目は都心部を離れ、タイポカウの山へ。水色のMRT、Tai Po Market駅で下車。タクシーに乗り、Nature Trailの入り口で降ろしてもらった。今にも雨が降り出しそうなどんよりとした天気。Nature Trailは鳥影が少なく、クリイロヒヨドリやゴシキソウシチョウをチラ見した程度で終わった。野外研習園(Outdoor Study Center)につながる散策路に合流。山を抜け開けたところでメジロやシジュウカラの群れに混じってアオバネコノハドリが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/09 23:49
香港遠征1日目 18.03.05
香港遠征1日目 18.03.05 ■九龍公園 8:30-15:00 サークルの合宿で香港に行ってきました。羽田23:55発、香港国際空港04:05着のLCC香港エクスプレス便。空港からはエアポートエクスプレスで香港市街へ。予約しておいたTsim Sha Tsui駅の近くのホテルで荷物を預かってもらい、歩いて10分ほどのところにある九龍公園に向かいました。繁華街の中のそんなに広くない公園ですが、園内に入るや否やコウラウンやシロガシラ、カオグロガビチョウ、キマユムシクイなどの出迎えを受けました。オアシスと化しているため鳥の密度が非... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/04 20:08
FIELDNOTE 18.03.03
FIELDNOTE 18.03.03 ■皇居 12:30-16:30 通い始めて今シーズンで4年目になります。毎年4、5回行ってますが、久しぶりに記事にします。この日は常連個体のアイスランドカモメ成鳥冬羽に加え、3年連続で飛来している第3回冬羽、シロカモメ成鳥冬羽、第2回冬羽が現れました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/29 20:37
シンガポール遠征 4日目18.02.19
シンガポール遠征 4日目18.02.19 ■シンガポール植物園、他 7:30-10:00 最終日です。この日も早起きして朝だけ植物園に行きました。いつも通りEco Lakeの方から周ったのですが、さすがに4日目ともなると見慣れた鳥ばかりでカメラを向ける機会も少なくなってきます。ようやく中央部が近づいたところで現れたのがルリノドハチクイ。配色が大好きで見たかった鳥でした。樹の高い所を飛び回り虫を捕ってました。続いてRain Forest。過去2回の成績が良いので注意深く歩きました。ある一角でカサッとわずかに地面の葉が動く音。注意深く待っ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/18 11:52
シンガポール遠征 3日目18.02.18
シンガポール遠征 3日目18.02.18 ■スンゲイ・ブロウ 8:30-14:00 3日目は朝からシンガポールの端にあるSungei Buloh Wetland Reserveへ向かいました。マレーシアとの国境沿いに位置する湿地保護区で、植物園とは違う顔ぶれに期待できます。8時ごろ最寄りのKranji駅に到着。ここから5kmほどあるのでタクシーを選択。場所が伝わらないことを懸念してGoogle Mapでわざわざルートまで表示してココと指差したのですが、3台連続で拒否されました。日本では考えられないタクシー事情があるようで。心が折れかけ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/14 10:09
シンガポール遠征 2日目18.02.17
シンガポール遠征 2日目18.02.17 ■シンガポール植物園 7:30-11:30 午後は観光する予定だったので、午前中だけ植物園へ。昨日と同様Eco Lakeの方から周ると、早朝というのもあって、コウライウグイスやコアオバトなどが頻繁に見られました。その後中央の方へ歩いていくも、ライファーはセアカハナドリくらい。昨日ナンヨウオオクイナを見たRain Forestを通り抜け、広場のようなところに出てくると、シロボシオオゴシキドリが飛んできました。続けざまにけたたましいツミのような鳴き声、正体はナンヨウショウビンでした。嬉しいカワセミ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/09 02:01
シンガポール遠征1日目 18.02.16
シンガポール遠征1日目  18.02.16 ■シンガポール植物園 10:30-15:30 3泊4日のシンガポール旅行、観光と鳥見を半分ずつ楽しみました。現地に着いて驚いたのはとにかく蒸し暑いこと。下調べ不足です。気温は毎日32度越え、湿度は80%以上。真夏。この暑さが後々響いてきました。飛行機は羽田0:05発のJL035便。日頃LCC慣れしている貧乏性なので、機内食やテレビをほぼ完徹で楽しんでしまいました。現地のチャンギ国際空港には日の出前の06:45着。入国審査やSIMカードの購入などを済ませ、荷物を置きにMRTで30分程のホテルへ。... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/04 11:44
FIELDNOTE 18.02.06
FIELDNOTE 18.02.06 ■神栖・銚子 2週続けての銚子方面。カモメの数は先週に負けず劣らず多かった。カナダカモメは多く見られたが、その他特段珍しいものを見つけられないまま、この日もまた日没を迎えた。ミツユビカモメが第三漁港に数羽入っていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/26 23:58
FIELDNOTE 18.01.31
FIELDNOTE 18.01.31 ■銚子 9:00-17:00 今季初の銚子方面。漁港のいたる所で水揚げが行われており、カモメの数は自分が今まで経験した中では一番多かった。丸一日費やして、カナダ7個体を観察できたが、その他の珍しいカモメ類は見つけることができなかった。波崎の漁港内には珍しくアビの幼鳥が入っており、比較的近くで撮影できた。昨年のようなハム類フィーバーは今年はないようだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/23 19:02
FIELDNOTE 17.01.04
FIELDNOTE 17.01.04 ■稲敷・印旗沼 6:30-16:30 先月に引き続き稲敷方面へ。まず日の出前の干拓地に向かうとコミミズクが3羽飛び回っており、8時頃まで見られた。ハイイロチュウヒも目の前を通過して行った。蓮田の方では前回外したアメウズを3年ぶりに観察することができた。同じ場所ではヨロネン、ヒバリシギ、ジロネン、タカブもいた。その後他のポイントを周り、オオハシシギやイカルチドリなども確認。夕方は印旛沼に立ち寄り、トモエガモの大群やヒシクイなどを見て終了した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/12 15:54
FIELDNOTE 17.01.02
FIELDNOTE 17.01.02 ■葛西臨海公園 8:30-10:30 12月からしばしば観察されているサンカノゴイがここ1週間安定しているようなので、新年初鳥見は葛西へ。西側はウソの群れとトラツグミが見られた。海はいつものテトラポットにクロツラがいたくらい。センター前へ向かうとちょうどサンカノゴイが出ていた。岸辺の小魚を百発百中で効率よく捕らえていき、最後は満足した様子で葦原へと姿を消した。葛西では今まで何回か飛翔写真が撮られていたりはしたが、こんな長期間に渡って観察されたのは初めてなのではないかと思われる。所用があるので早... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/04 22:49
FIELDNOTE 17.12.22
FIELDNOTE 17.12.22 ■稲敷 6:30-11:30 午前中だけ時間が取れたので稲敷に向かった。まずは日の出前から猛禽狙いで干拓地へ。移動中に早速ハイイロチュウヒの雄が真横を飛んだので車を止めて待機すると、一度だけ近くを飛んでくれた。またちょうど多数のコジュリンの餌場になっており、時折ホオアカも出てきた。順光側に周り再びハイチュウが近くを飛んで満足できたので、シギチ探しに移動。各ポイントごとに多数のシギチがいて、ハジコチやヨロネンなど計13種を確認することができた。真冬にしては上々の出来だと思う。しかしながら今日の大... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/26 23:05
FIELDNOTE 17.12.01-15
FIELDNOTE 17.12.01-15 ■新浦安 12月のMFまとめ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/13 17:12
FIELDNOTE 17.11.21
FIELDNOTE 17.11.21 ■稲敷・香取・神栖 6:30-16:30 早朝から定番のコースを回った。稲敷方面ではホシムクドリやハイイロチュウヒなどを見ることができた他、今までちゃんと見たことのないコチョウゲンボウの雄をゆったり車の中から堪能した。越冬シギチはあまり見られず、少数のジロネン、オオハシなどが居たのみ。午後は香取に寄りつつ神栖方面に移動しカモを観察した。最後にチュウヒの塒入りを観察。ハイイロチュウヒは出なかった。全体的に猛禽類が多く見られ楽しかった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/09 16:52
FIELDNOTE 17.11.06,10
FIELDNOTE 17.11.06,10 ■新浦安・三番瀬 (6日)10月上旬ぶりにヨーロッパトウネンが飛来した。今回はトウネン3羽、ハマシギ1羽と共に4羽のヨロネン。最初は目を疑ったが、今季は繁殖地の事情もあって数が多いようなので、継続的に幼鳥が滞在しているものと思われた。新個体は1羽だった。海上はビロキン3羽、初認のホオジロガモ、当地では比較的珍しいハシビロガモ等が確認できた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/23 20:01
FIELDNOTE 17.11.05
FIELDNOTE 17.11.05 ■銚子・神栖・稲敷  銚子の防風林でイスカが出ているとのことで朝から向かった。散策路を一周するとマヒワの群れが見られたくらいで、上空を雌雄のハイタカが飛び回っていたこともあってイスカは全く気配がなく、10時過ぎに諦めて稲敷方面に移動した。途中ポイントを転々とするも、猛禽類が多く見られたくらい。鴨池も珍しいのは居なかった。稲敷の蓮田にはアオアシ、コアオアシ、オオハシ、ツルの群れと、ヨロネン、トウネンなどが見られた。チュウヒの塒入りは日没後に大陸型の雄が1羽見られた。各所で冬鳥の到来を実感できたが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/18 12:15
FIELDNOTE 17.11.03
FIELDNOTE 17.11.03 ■三番瀬 7:00-10:00 到着時はすでに干潟が出始めており、多数のハマシギがおりていた。先月同所で確認したヨロネン4羽の追跡を優先して探すと、船橋側の波打ち際に2羽いるのを見つけた。どちらも幼鳥。後日検証した結果、どちらも先月確認した個体(D,E)と思われた。続いて新たに飛んできたシロチドリの群れに成鳥1羽。その場では前回と同じ個体(C)だと認識していたが、これは後日知り合いの観察により別個体だったことが判明する。さらに先ほどの幼鳥とともに行動している第一回冬羽の新個体も加わり、よって1... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/19 14:10
FIELDNOTE 17.10.30
FIELDNOTE 17.10.30 ■葛西臨海公園 7:00-12:00 台風通過後の葛西。まずは西側から小鳥類を期待してまわった。朝から思った以上に風が強く、鳥の出が悪い中、なんとエナガが群れで入っていた。谷津干潟や都内の公園ではごく普通に見られるエナガだが、葛西では非常に珍しい。越冬するだろうか。他は特に成果なく、海側に出ると、河口を多くのカモメ類が風に逆らって舞っていた。台風の影響で何か珍しいのが混じってないかとスコープを向けると、突如視界に入ってきた真っ赤な嘴、オニアジサシだった。向かい風を利用して何度もダイブし魚を獲っ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/14 13:58
FIELDNOTE 17.10.21
FIELDNOTE 17.10.21 ■三番瀬 7:00-9:00 雨続きの週末。朝は天気が保つとの予報だったので三番瀬へ行ったが、予報は外れ霧雨から本降りとなり、ずぶ濡れになりながらの観察となった。到着時は満潮でまだ干潟が出ていなかったが、人が誰もいなかったおかげで波打ち際に多くのハマシギとミユビシギが集まっていた。しばらく来ない間に冬メンツ。遠目でトウネンが何羽も混じってるのが確認できたので1羽ずつ確認していこうとすると、早速1羽目の成鳥冬羽個体がヨロネン。事前情報はなかったので渡ってきたばかりなのだろう。船橋側のどん詰まりの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/09 13:47
10万アクセス達成
10万アクセス達成 先ほどホームのアクセス数を見たら、10万アクセスを突破してました! 高校1年のときに何気なく始めたブログ。当初のような無垢で初々しい口調は消え、ただ淡々と観察記録を綴る陰気なブログになってしまいましたが、毎回楽しく更新しています。 今後ともよろしくお願いします。 (2017.11.01) ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/01 17:41
FIELDNOTE 17.10.09
FIELDNOTE 17.10.09 ■MF・新横浜 10:00-15:30 午前中は近所へ。新たにオオバン・マガモ・ハジロカイツブリ・セグロカモメなどが入っていた。トウネン約10羽の群れにヨーロッパトウネンは1羽のみだったが、前回観察が疎かになってしまった個体だったので良かった。先日大学の近く入ったメジロガモがまだいるようなので、午後から現地へ。横に長い池の一角にカモ類が多く集まっており、その中で一際鮮やかだったのがメジロガモだった。観察中に水浴びをしてくれたので、過去2回撮れていなかった翼のパターンもバッチリ撮れた。到着時から... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/23 21:14
FIELDNOTE 17.10.07
FIELDNOTE 17.10.07 ■MF 10:00-13:30 久しぶりに近所をまわった。まず海へ行くと1万羽ほどのスズガモが到着していた。今年こそコオリガモを見つけたい。ヒドリガモ、オナガガモ、コガモも到着。新浦安では珍しいハシビロガモも見られた。護岸には20羽に満たないほどのトウネンが飛来しており、その中にヨロネンがなんと2羽。最初は1個体を発見し真剣に撮っていたが、ふと真横を見ると別個体がいた。とても贅沢な瞬間だった。今シーズンはやけに目にする機会が多い。沖合はアジサシが多く、岸近くの群れにはクロハラアジサシが2羽混じ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/17 13:23
FIELDNOTE 17.09.30
FIELDNOTE 17.09.30 ■葛西臨海公園 7:00-12:30 大学の探鳥会で葛西へ。渡りの小鳥類を期待したが少なめで、キビタキ5個体、ムシクイを確認したのみ。コサメやエゾは最近は出てないとのこと。渚も成果なし。淡水池はコガモとオオバンが到着していた。センターからは今季初のアリスイを観察。クサシギも鳴きながら登場し盛り上がった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/14 22:38
FIELDNOTE 17.09.29
FIELDNOTE 17.09.29 ■水元公園 6:30-16:30 ジュウイチが出ているとのことで久々の水元公園へ。神奈川県の方は行けずモヤモヤしていたのでナイスタイミング。出が悪いというのは必然で、餌場の真下をカメラマンが囲むため寄り付くはずがなく、長期戦が予想された。早朝からポイント付近を巡回するも見つからないし、昼前になっても全く現れる気配なし。諦めムードのまま正午になったら撤退しようと考えた矢先、突然現れた。発見者の方の動きから森の奥の方にいるらしく、最初はどこかわからなかったが、丁寧な説明のおかげでようやくキャッチす... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/09 17:34
FIELDNOTE 17.09.24
FIELDNOTE 17.09.24 ■稲敷・神栖・谷津干潟 6:30-16:30 あちこちで蓮の収穫が進む頃、そろそろシギチの渡りも本格化しているだろうと思い稲敷方面へ。早朝まず最初に訪れた蓮田ではいきなりオグロシギの群れ。成鳥が1羽いて驚いた。最近ネット上で見たのは全て幼鳥だったので、入ってきたばかりなのだと思う。朝日に照らされ美しい夏羽だった。そのうちツルシギも2羽飛んできて、目の前でじっくり見ることができた。その後車を降りて別の蓮田及び田んぼ地帯を散策。ツル、エリマキ、ヨロネン、ジロネン、ヒバリなどを発見することができた。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/03 23:04
FIELDNOTE 17.09.11
FIELDNOTE 17.09.11 ■三番瀬 13:30-15:30 Red-necked Stint with flags トウネン juvenile フラッグ付トウネン幼鳥。右ふしょに黄色と黒色フラッグ。 "KA23266, MOSKVA" カムチャツカ半島Vorovskaya River Lagoonで2017年8月16日に放鳥。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/30 14:39
FIELDNOTE 17.09.08
FIELDNOTE 17.09.08 ■九十九里 6:30-16:30 初の九十九里巡り。一宮から銚子まで北上し、海水浴場をしらみ潰しに見て回った。最も種数と個体数が多かった最初の干潟ではオオメダイチドリの幼鳥を見ることができた。今シーズンはタイミング悪く東京湾で見ることができなかった。その後の海岸では一部でミユビシギとトウネンの群れが見られたくらいで、以前ミユビが数百羽飛来した海水浴場も成果なし。結果的に銚子が近づいた海岸でオバシギ3羽を確認するにとどまった。移動範囲の割に期待したほどの成果が出ないのはとても効率が悪いが、一発逆... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/26 21:53

続きを見る

トップへ

月別リンク

鳥たちとの出会いの記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる