アクセスカウンタ

<<  2017年9月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
FIELDNOTE 17.09.11
FIELDNOTE 17.09.11 ■三番瀬 13:30-15:30 Red-necked Stint with flags トウネン juvenile フラッグ付トウネン幼鳥。右ふしょに黄色と黒色フラッグ。 "KA23266, MOSKVA" カムチャツカ半島Vorovskaya River Lagoonで2017年8月16日に放鳥。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/30 14:39
FIELDNOTE 17.09.08
FIELDNOTE 17.09.08 ■九十九里 6:30-16:30 初の九十九里巡り。一宮から銚子まで北上し、海水浴場をしらみ潰しに見て回った。最も種数と個体数が多かった最初の干潟ではオオメダイチドリの幼鳥を見ることができた。今シーズンはタイミング悪く東京湾で見ることができなかった。その後の海岸では一部でミユビシギとトウネンの群れが見られたくらいで、以前ミユビが数百羽飛来した海水浴場も成果なし。結果的に銚子が近づいた海岸でオバシギ3羽を確認するにとどまった。移動範囲の割に期待したほどの成果が出ないのはとても効率が悪いが、一発逆... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/26 21:53
FIELDNOTE 17.08.30
FIELDNOTE 17.08.30 ■稲敷・香取 8:30-15:00 朝から稲敷方面。前回の下見を参考に、蓮田ポイントをまわった。最初のポイントではコアオアシシギが3羽いたが遠かった。次のポイントでは車を止めて歩いてみると、ジロネン、ヒバリ、ウズラなどを見ることができた。トウネンの幼鳥群も多く飛来していた。次に訪れた場所ではトウネン3羽と共にヨロネンの幼鳥1羽を確認した。数年前に谷津干潟に飛来したあの個体を彷彿とさせるかなり良い個体だった。同じ場所にはソリハシ3羽も入っていた。午後に再びポイントを軽く流した際にはジシギも2個体... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/17 11:26
FIELDNOTE 17.8.28,29
FIELDNOTE 17.8.28,29 ■三番瀬 2日連続で三番瀬へ。まず到着すると多くのトウネンがいてほっとした。成鳥が全く増えないまま幼鳥のシーズンに突入してしまったのは残念。51羽まで数えた。ヨロネンは事前に情報があったので簡単に見つけることができた。脚と嘴は完璧だが、水中に浸かっていると雨覆の軸斑と羽縁の赤褐色みが薄いから、少しわかりにくかった。オバシギは成鳥が抜け、代わりに幼鳥が5羽入っていた。メダイも幼鳥が到着。早くも世代交代の時期となったようだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/12 16:31
FIELDNOTE 17.08.19
FIELDNOTE 17.08.19 ■三番瀬・香取・稲敷 5:30-17:00 早朝は三番瀬へ。到着時はすでにネットの奥まで干潟が広がっていた。新たな顔ぶれとしてハマシギ成鳥とトウネン幼鳥。トウネンはまともに成鳥を見ないまま世代交代してしまった。そしてオバシギの成鳥2羽。うち1羽は嬉しいフラッグ付だった。それにしても相変わらず三番瀬を訪れる一部のカメラマンは、自分たちが姿勢を低くして徐々に近づいていった蓄積を勝手に最前線と勘違いして、棒立ちのまま突っ込んでチャラにしてくれるのでとても腹立たしい。どうにかならないものか...。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/09 15:16
FIELDNOTE 17.08.12-13
FIELDNOTE 17.08.12-13 ■雲出川河口 近畿地方に所用があり、シギチの見れそうな海岸線を訪れた。後から気づいたがここは数年前アカアシカツオドリが飛来して賑わった場所だった。シロチドリとミユビシギが最も多く、ソリハシシギとキョウジョシギの姿も目立った。キョウジョの中にはオーストラリア・タスマニア州のフラッグと発信機を付けた個体がいた。また近くのため池ではアオアシシギの小群の中にエリマキシギが1羽混じっていた。秋の成鳥はかなり久々で嬉しかった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/06 18:31
FIELDNOTE 17.08.10
FIELDNOTE 17.08.10 ■乗鞍岳 8:00-12:00 下界は朝から晴れ。ほおのき平の駐車場から6時台のバスに乗り込み、いざ畳平へ。到着時はやや霧が濃く、風も強くて寒かった。身支度を整えライチョウが最もよく目撃されているという「大黒岳」に向かうことにした。登り道は酸素が薄いせいか結構きつく、また天気も決して良いわけではないのであまり調子が上がらない。何にも出くわさないままあっという間に頂上に着いてしまった。少し休憩して下り坂へ。両サイドをハイマツに挟まれた道を進むと、地面で餌取り中のイワヒバリに遭遇した。初見。スズメ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/01 18:01

<<  2017年9月のブログ記事  >> 

トップへ

鳥たちとの出会いの記録 2017年9月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる