鳥たちとの出会いの記録

アクセスカウンタ

zoom RSS シンガポール遠征1日目 18.02.16

<<   作成日時 : 2018/03/04 11:44   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

■シンガポール植物園 10:30-15:30
3泊4日のシンガポール旅行、観光と鳥見を半分ずつ楽しみました。現地に着いて驚いたのはとにかく蒸し暑いこと。下調べ不足です。気温は毎日32度越え、湿度は80%以上。真夏。この暑さが後々響いてきました。飛行機は羽田0:05発のJL035便。日頃LCC慣れしている貧乏性なので、機内食やテレビをほぼ完徹で楽しんでしまいました。現地のチャンギ国際空港には日の出前の06:45着。入国審査やSIMカードの購入などを済ませ、荷物を置きにMRTで30分程のホテルへ。身支度を整え、まずは己の精神状態を安定させるべくシンガポール植物園(Singapore Botanic Garden)へ向かいました。

10時過ぎにBotanic Gardens駅に到着し、地上に出ると早速キバラタイヨウチョウが登場。一気に南国ムードでテンションが上がります。ゲートをくぐり園内に入ると、コアオバト、メグロヒヨドリが現れました。上空はオオアマツバメが定番でしたが、時折何やらカッチョいいスマートなツバメが。嬉しいカンムリアマツバメでした。1つ目の湖Eco Lakeの周りは、姿は見えませんが、鳥の密度が随分濃くなった印象を受けました。ハリオハチクイ、リュウキュウツバメ、オナガダルマインコ、コクチョウなどを確認。本来ならリュウキュウガモが安定して見られるはずですが、今回の遠征中は見られず残念でした。


画像

Olive-backed Sunbird キバラタイヨウチョウ female


画像

Yellow-vented Bulbul メグロヒヨドリ


画像

Javan Myna ジャワオオハッカ


画像

画像

Grey-rumped Treeswift カンムリアマツバメ


画像

画像

Black-nest Swiftlet オオアナツバメ


画像

Blue-tailed Bee-eater ハリオハチクイ


画像

Pacific Swallow リュウキュウツバメ

公園中央部の方へ歩みを進めていくと、お次はよくわからないタイヨウチョウ類の群れ。木の高いところをせわしなく動くので識別が大変でしたが、1羽だけ降りてきたのを撮影すると、チャノドコバシタイヨウチョウの雌タイプでした。コサメビタキも混じっていました。さらに進むとオナガサイホウチョウの小群にも出会いました。


画像

Brown-throated Sunbird チャノドコバシタイヨウチョウ


画像

Common Tailorbird オナガサイホウチョウ


画像

Asian Brown Flycatcher コサメビタキ


ここにきてすでに暑さと眠気のダブルパンチを受けていたので昼食ついでに休憩。とても公園の一番奥まで行く元気はなかったのでここで引き返して入り口に戻ろうとしたのですが、どうしてもRain Forestというエリアが気になり、遠回りでしたが頑張って寄ることにしました。
その名の通りうっそうと緑の茂った植物園の中では異様な環境。歩いていると突然ここまで散々連れ回してグダッていた同行者に何かいると呼び止められました。暗い下草ごちゃごちゃの中に動くムクドリサイズの赤っぽい鳥。なんとナンヨウオオクイナでした。今回かなり見たかった鳥のひとつです。よく見つけたな〜と。その後集中して追うもすぐ見失うというのを何度も繰り返し、撮影のチャンスを待つこと数十分、ロスト中の自分に再び同行者から出てきた!との声。見ると木道を横断したがっているようで、本当に一瞬だけすっぴんで撮れました。
横断後も木道のすぐ真横で餌取りをしていて、距離はとても近いのですが、ごちゃごちゃすぎてまともな写真は数カットしか撮れず。人通りも多いので落ち着きませんでした。手強いヤツでしたが大満足です。見つけてくれた同行者には本当に感謝。

画像

画像

画像

Red-legged Crake ナンヨウオオクイナ


ここからは帰路。Symphony Lakeの端に出てきました。ヤシの木にはミドリカラスモドキの群れ。遠く上空をシロガシラトビ。カワセミ系は居ないな〜と湖を通り過ぎ、駐車場の方まで戻ってきました。するとまた遥か彼方に猛禽類。憧れのクロカッコウハヤブサでした。しかし遠すぎ。いつか目の前で見れたらいいな。


画像

Asian Glossy Starling ミドリカラスモドキ


画像

Brahminy Kite シロガシラトビ


画像

Black Baza クロカッコウハヤブサ


Evolution Gardenの近くに行くと、カザリオウチュウが2羽。これも是非おさえておきたかった種です。さらにヒメコノハドリの番、シキチョウなどが見られました。苦戦していたコウライウグイスもようやく目線で撮影できました。

画像

画像

画像

Greater Racket-tailed Drongo カザリオウチュウ


画像

画像

Common Iora ヒメコノハドリ


画像

Black-naped Oriole コウライウグイス


画像

Oriental Magpie-Robin シキチョウ


最後はEco Lakeの周りを一周。コアオバトを撮影して終了しました。

画像
 
White-breasted Waterhen シロハラクイナ


画像

Pink-necked Green Pigeon コアオバト



01.コクチョウ
02.セキショクヤケイ
03.アマサギ
04.クロカッコウハヤブサ
05.シロガシラトビ
06.ナンヨウオオクイナ
07.シロハラクイナ
08.カワラバト
09.カノコバト
10.コアオバト
11.カンムリアマツバメ
12.オオアナツバメ
13.ハリオハチクイ
14.オナガダルマインコ
15.ヒメコノハドリ
16.コウライウグイス
17.カザリオウチュウ
18.メグロヒヨドリ
19.リュウキュウツバメ
20.コムシクイ
21.オナガサイホウチョウ
22.ミドリカラスモドキ
23.ジャワオオハッカ
24.シキチョウ
25.コサメビタキ
26.チャノドコバシタイヨウチョウ
27.キバラタイヨウチョウ
28.スズメ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シンガポール遠征1日目 18.02.16 鳥たちとの出会いの記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる