FIELDNOTE 20.02.14-24

◼︎MF コスズガモ2個体。 1個体目は雄。1月下旬に知人が観察している個体で、頭部の形状が特徴的であるため2度にわたって観察することができた。2月14日は300m以上を維持され細部が見られなかったが、日没間際に翼パターンを撮影することができた。その後22日は風向きがよくかなり近距離で観察できた。当初はスズガモ×キンクロハジ…
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 20.02.15-16

◼︎北海道 急遽知り合いからお誘いいただいた弾丸遠征。1泊2日だったが、現地の知人のご厚意もあってとても充実した内容となった。 ノドアカツグミはだいぶ以前から観察されていたようだ。餌となる実が減っているとのことで当日まで気を揉んでいたのだが、間に合って良かった。国内で綺麗な成鳥を観察できるのはまたとない機会である。 アオガンに…
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 20.02.03-04

◼︎MF 2月3日。 朝寝坊して昼過ぎから近所を周る。風もなく穏やかなので海ガモをカウントし、今季最多数を叩き出した。1周して知人と立ち話。 15時を過ぎ、帰路に向かう。ついでに比較的岸寄りに群れているスズガモの群れを双眼鏡でスキャンした。往路でひと通りチェックしているのだが、見落としてる可能性もあるので、軽く目を通しておくか…
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 20.01.26

◼︎MF 年末に発見されたコオリガモ。この日は求愛ディスプレイをしていたのでまさかと思ったが、そのまさか。雌が追加されていた。 護岸は多数のハマシギに加わり、ヨロネン1とトウネン1。 Little Stint ヨーロッパトウネン 1st-winter 12/23と同一個体。船橋側には出てないようなので、メインの餌…
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 20.01.17-19

◼︎関西 数年ぶりの関西。メインは別件だったけど、ちゃんと鳥も観た。 行き帰りは片道3000円の夜行バス。寝たらあっという間に到着したのでコスパは良い。 初日は教えていただいた雑種カモを観に底冷えの京都へ。ヒドリの群れに混じっていた。パン投げおじさんが現れると、ヒドリ共々一斉に集合。雑種もパンを食べてた。2年連続飛来したら…
コメント:0

続きを読むread more

Taiwan Day4 20.01.12

◼︎大雪山 4日目 最終日。 朝食までの時間は宿の周辺を散策。newはカケス。台湾固有亜種で日本のカケスとは違う顔つきなのだが、すぐに飛び去ってしまった。 Eurasian Jay カケス White's Thrush トラツグミ シマドリの群れ。初見のヤブドリも混じっていたが、撮影できない。。 …
コメント:0

続きを読むread more

Taiwan Day3 20.01.11

◼︎大雪山 3日目。 この日も朝から天気が良い。昨日までで相当の成果を残せているつもりだったが、実は取りこぼしの種もまだまだ多い。特に抑えておきたいのはミカドキジ、ミヤマテッケイ、タケドリ、キンイロダルマエナガ。夜はHimalayan Owl. そしてもう少し時季的優先種のタイワンツグミを欲張りたい。さて、あと2日間で何種追加で…
コメント:0

続きを読むread more

Taiwan Day2 20.01.10

◼︎大雪山 2日目。 早朝はかなり冷えこむ。朝食までの小一時間、宿の周囲を散策した。カンムリチメドリはここでも多く、よく見るとズアカエナガやヒガラが混じっていた。ヒガラは台湾亜種で、日本の亜種とは容姿が異なる。 Coal Tit ヒガラ Black-throated Bushtit ズアカエナガ さ…
コメント:0

続きを読むread more

Taiwan Day1 20.01.09

◼︎大雪山 数年ぶりに台湾に行くことになった。前回は初海外として台北と烏来に行ったが、今回は台湾中部の有名探鳥地、大雪山に3日半滞在する。ミカドキジを始めとした数多くの固有種に加え、1月から2月にかけてはイイギリの実に集うタイワンツグミの台湾亜種(Taiwan Thrush)やチャバラオオルリも狙う。今回もいつもお世話になっている…
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 20.01.05

◼︎茨城県・千葉県 8:00-20:00 知人と3ヶ所の池を周った。アメリカコガモ4個体、コガモ雄化などに加え、昨年末に発見したコガモ×トモエガモの雑種を幸運にも再観察することができた。近距離で撮影できたので、新たな特徴もいくつか判明した。観察地は前回とは違う池で、直線距離で約20km離れている。両池を行き来する行動パターンも含め…
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 19.12.23

◼︎茨城県・千葉県 今季初のチバラキ方面。 1ヶ所目の池では特に成果なし。直前までいろいろ面白いカモが出ていたようだが。トモエガモが近かった。 Baikal Teal トモエガモ male 銚子に移動。 水揚げはなくカモメ類もかなり少なかったが、堤防に群れる100-の群れの中で、頭部が真っ白な大型が目にとま…
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 19.11.28-12.26

◼︎MF 12月のMFまとめ。ハイライトは11月下旬に発券したアメリカヒドリ雌。まるで血の気の引いたような頭部は肉眼でも一目瞭然だった。今季はクロガモが多いのが特徴で、毎回複数個体が岸寄りで観察できた。 American Wigeon アメリカヒドリ adult female 成鳥雌。初認の11月28日以降、継続的に観…
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 19.12.08

◼︎伊豆沼 10月下旬にその鳥の情報を初めて聞いた時は正直誤情報だろうと思っていたが、知人からホンモノの写真が送られてきて腰を抜かした。最近特に海外探鳥に興味を持ち始めてからというもの、いわゆる"珍鳥"に対する執着心が以前と比べ薄れていることは実感していたが、今回は違った。絶対に見たい。奇抜な見た目に純粋に惹かれたのは言わずもがな…
コメント:0

続きを読むread more