2013.12.31 春国岱~納沙布岬 道東遠征2日目

漁港をまわる途中、春国岱野鳥公園へ行ってみました。年末でネイチャーセンターは休みだったので、とりあえず近くの遊歩道を歩いてみることに。ハギマシコなどに出会えたらいいなと思っていましたが、残念ながらあまり成果はなし・・・。シロハラゴジュウカラとエゾジカを撮る程度で終了でした。
しょうがないので少し風蓮湖側の方も散策していました。ここでは逆に初見のチシマウガラスとシノリガモが!ほかにもハクチョウやヨシガモ、オナガガモの大群もいて楽しめました。

◆チシマウガラス・・・シノリガモを橋の上から撮っていると、なんと真下に1羽のチシマウガラス!目の前で見られてとても幸運でした。羽の光沢がきれいでした。

成鳥冬羽 
画像


橋の隙間から!
画像


◆シノリガモ

成鳥♀?
画像


◆ヨシガモ・・・つがいでいました。

成鳥♂
画像


◆シロカモメ

成鳥冬羽 バックはオホーツク海。
画像


◆シロハラゴジュウカラ・・・北海道にいるゴジュウカラは本州のものと違ってお腹が真っ白です。

画像



おまけのエゾジカ
画像


春国岱から納沙布岬へ移動中は、よくオオワシとオジロワシを目にしました。オオワシは車の走っているすぐ上の電柱に!
あるときはオジロワシが3羽とオオワシ1羽がいっしょに飛んでいて大迫力でした!

◆オオワシ

成鳥
画像
画像


◆オジロワシ

右が成鳥、左が若鳥
画像


若鳥
画像
画像


成鳥
画像



そして移動中に偶然出会えたのはケアシノスリ。もちろん初見です。最初電線にとまっていたのですが、気づくのが遅れて飛ばしてしまいました。しかし車のすぐ真横を飛びきれいに撮ることができました。

幼鳥
画像
画像


ノスリと違って腰あたりの白い帯が目立ちました。
画像



とある漁港では何個体かの鳥の死骸(ウミガラスかウミスズメ系?)が打ち上げられていて、たくさんのシロカモメがつついていました。それにしてもなぜここだけにいくつもの死骸が打ち上げられていたのか不思議です。。。

画像


そのときとつぜん上空から急降下してきたのはオジロワシ。シロカモメを蹴散らして死骸の肉片を奪い去っていきました。
画像


画像
画像
画像

別の画像を見ると足に持っているのは首の骨で、肉の部分はありませんでした。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

コサメ
2014年01月24日 07:38
電柱や電灯に止まっているのが、カラスではなく、オオワシやオジロワシ・・・さすが北海道ですね(^^) 道東シリーズ楽しいです♪
forest
2014年01月24日 21:25
コサメさん、いつもありがとうございます。
オオワシやオジロワシは半島内で普通に見ることができ驚きました。これこそ北海道ならではの光景!また行ってみたいものです。

この記事へのトラックバック