FIELDNOTE 16.03.22

■三番瀬・谷津干潟・幕張・新浦安 7:30-17:00
前日幕張にホウロクが飛来したとのことで、船橋方面へ。三番瀬では今季初のホウロク、オオソリを確認。越冬組のハジコチ、トウネンも1羽ずついました。昼に谷津干潟へ移動しましたが、シマアジは居らず。コクガンは健在。その後幕張方向まで足をのばすも特に成果はなく、帰りの新浦安でビロキンと夏羽のミミを撮って終了。今年の春シギチも順調な滑り出しとなりました。アラオバ帰ってこ~い。

画像

画像

Far Eastern Curlew ホウロクシギ
昨年と同様、期待通り出てくれました。10時頃どこかへ飛び立ったとのこと。11時台には幕張で撮られているので、同一個体が移動したのかもしれません。

画像

Bar-tailed Godwit オオソリハシシギ adult winter→summer ♀
1羽のみ。

画像

Ringed Plover ハジロコチドリ adult winter

画像

Red-necked Stint トウネン adult winter→summer
越冬ネンは1羽のみ。

画像

Dunlin ハマシギ (C.a.arcticola)
オオソリを撮ってると偶然視界に入ってきたフラッグ個体。アラスカ北部(繁殖地)で付けられたそうです。つまり日本に一般的に飛来している亜種arcticolaであり、この夏羽完成形は少数飛来してる可能性のある別亜種sakhalina等を発見する上で、非常に重要な資料になるんだそうです。なるほど・・・。

画像

Brant Goose コクガン 1st-winter

画像

画像

Little Stint ヨーロッパトウネン adult(2nd) winter
右翼p9-10、左翼p8-10は旧羽と思われます。2ndでは完全換羽しないのかもしれません。
画像

追加画像。今年の2月新浦安にて上と同一個体。初列風切の内側と外側で色の濃淡が見て取れます。


画像

White-winged Scoter ビロードキンクロ adult ♂
26日以降確認できてません。


01.コクガン 1w1
02.オカヨシガモ
03.ヒドリガモ
04.マガモ
05.カルガモ
06.ハシビロガモ
07.オナガガモ
08.コガモ
09.ホシハジロ
10.キンクロハジロ
11.スズガモ
12.ビロードキンクロ ad♂2
13.ウミアイサ
14.カンムリカイツブリ
15.ミミカイツブリ 1
16.ハジロカイツブリ
17.アオサギ
18.ダイサギ
19.コサギ
20.カワウ
21.ミサゴ 1
22.オオバン
23.ミヤコドリ
24.セイタカシギ 8
25.ダイゼン
26.ハジロコチドリ 1
27.コチドリ
28.シロチドリ
29.オオソリハシシギ ad1
30.ホウロクシギ 1
31.イソシギ
32.ミユビシギ
33.トウネン 1
34.ヨーロッパトウネン 1
35.ハマシギ
36.ユリカモメ
37.カモメ
38.セグロカモメ
39.タイミルセグロカモメ
40.カワラバト
41.キジバト
42.コゲラ
43.チョウゲンボウ 1
44.オナガ
45.ハシボソガラス
46.ハシブトガラス
47.シジュウカラ
48.ヒバリ
49.ヒヨドリ
50.セッカ s
51.メジロ
52.ムクドリ
53.シロハラ
54.ツグミ
55.ジョウビタキ
56.スズメ
57.ハクセキレイ
58.セグロセキレイ c
59.タヒバリ
60.カワラヒワ
61.アオジ
62.オオジュリン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

さわもん
2016年03月30日 18:11
このハマシギは極一部の間で有名なATMだね!笑
forest
2016年04月02日 21:37
さわもんさんのスライドとFBを見た後だったので、その場で「あの子だ!」と気付けました。
今後はフラッグ個体も意識的に観察したいです~!

この記事へのトラックバック