FIELDNOTE 17.04.30

■大授搦・白石町 8:00-17:00
ゆっくり宿を出発し干潟へ。潮が満ちるまでのんびり観察しました。昨日は見られなかったミユビシギとアカアシシギを追加。この日は潮位が少し低かったため、満潮時刻になっても遊歩道から50mくらいまで干潟が出てました。そのためトウネンを始めとする小型シギが飛び去らず残ってくれ、ヨーロッパトウネンやキリアイをじっくり撮影できました。
午後はちゃんぽんを食べてからまた蓮田へ。エリマキシギは滞在中。新たにタマシギ雄とオジロトウネンの群れが見られました。
結局御三家は出ませんでしたが、素晴らしい光景でした。また来年の春に必ず訪れたいと思います。


画像

画像

画像

画像

Broad-billed Sandpiper キリアイ
本日も2個体。より夏羽の出てる個体Bは比較的近距離で見られた。


画像

画像

画像

画像

Little Stint ヨーロッパトウネン 1st-summer
三列は29日の個体より赤みがないので別個体と思われる。第一回夏羽。外側初列p7-10は新羽。p1-6は幼羽。


画像

画像

Curlew Sandpiper サルハマシギ
29日と同個体。


画像

画像

Sharp-tailed Sandpiper ウズラシギ


画像

画像

Red-necked Stint トウネン


画像

Lesser Sand Plover メダイチドリ 1st-summer
第一回夏羽。


画像

Black-faced Spoonbill クロツラヘラサギ
相互羽繕い。


画像

Eurasian Oystercatcher ミヤコドリ


画像

Common Shelduck ツクシガモ


画像

Ruff エリマキシギ male


画像

Sharp-tailed Sandpiper ウズラシギ


画像

Greater Painted-snipe タマシギ male


画像

Wood Sandpiper タカブシギ


画像

画像

Temminck's Stint オジロトウネン



2日間を通して確認できたシギチは37種。イソシギが抜けてるのが勿体無い(笑)


01.ミヤコドリ 10+
02.セイタカシギ 5+
03.ムナグロ 5
04.ダイゼン +++
05.コチドリ
06.シロチドリ
07.メダイチドリ 200+
08.タマシギ m1
09.タシギ 3+
10.チュウジシギ 1
11.オオハシシギ 30+
12.オグロシギ 5
13.オオソリハシシギ +++
14.チュウシャクシギ ++
15.ダイシャクシギ 4
16.ホウロクシギ 40+
17.ツルシギ 1
18.アカアシシギ 1
19.コアオアシシギ 2
20.アオアシシギ
21.クサシギ 4
22.タカブシギ ++
23.キアシシギ
24.ソリハシシギ 20+
25.キョウジョシギ
26.コオバシギ 2
27.オバシギ 30+
28.ミユビシギ 1
29.トウネン 1000+
30.ヨーロッパトウネン 2
31.オジロトウネン 7
32.ヒバリシギ 3
33.ウズラシギ
34.サルハマシギ 1
35.ハマシギ +++
36.キリアイ 2
37.エリマキシギ m1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック