FIELDNOTE 17.11.06,10

■新浦安・三番瀬
(6日)10月上旬ぶりにヨーロッパトウネンが飛来した。今回はトウネン3羽、ハマシギ1羽と共に4羽のヨロネン。最初は目を疑ったが、今季は繁殖地の事情もあって数が多いようなので、継続的に幼鳥が滞在しているものと思われた。新個体は1羽だった。海上はビロキン3羽、初認のホオジロガモ、当地では比較的珍しいハシビロガモ等が確認できた。


画像

画像

個体B。10月上旬にも同所に飛来した個体。


画像

画像

個体E。冬羽が出ない。画像2の手前、個体F(左奥)、個体H(右奥)


画像

画像

画像

個体F。第一回冬羽。


画像

画像

画像

個体H。新個体。個体Bと似るが、換羽スピードや静止時の外側初列の角度、眉斑の形などの違いが見られる。




(10日)早朝の三番瀬。潮は満ちている状態で、ネット奥の干潟の大部分が消失していた。多数のハマシギが集まっている中にヨロネンは4羽見られたが、いずれもすでに観察済みの個体だった。


画像

画像

画像
画像

個体C。第4回冬羽。


画像

個体B。後ろはC。


画像

個体E。


画像

個体F。

画像

Red-necked Stint トウネン adult winter

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック