鳥たちとの出会いの記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018.11.04 Ecuador Day1 #1

<<   作成日時 : 2019/01/08 14:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

■Airport~Recinto 23 de Junio
午前0時前、定刻通りエクアドルの首都キトに到着した。標高はすでに2800m。3~4000m級の山々に囲まれた窪地に街が広がる。琥珀色の灯に包まれた街が真暗闇にポツリと浮かび上がる光景は、実に神秘的だった。
イミグレーションを順調に終え出口に向かうと、6日間同行してくれるガイドが迎えてくれた。まだ20代後半の若いガイドなんだそうだ。別にドライバーも同行する。
外に出ると、赤道直下とはいえこれだけの標高があるのだから、ひんやりと涼しい。宿は空港から1時間以上かかるとのことで、旅の疲れもあって車中爆睡。

ロータリー。向かいはガラス張りの綺麗な建物があり、勝手に抱いていたエクアドルのイメージとのギャップをいきなり感じさせられた。

画像



車内の騒めきで目が覚めた。時刻は2時を過ぎている。
寝ぼけ眼でフロントを見て驚いた。ヘッドライトに照らされ、なんと1羽のフクロウが浮かび上がっていたのだ。すっかり油断していてカメラは全てカバンにしまってあるので、大慌てでセッティング。幸い長時間同じ場所に止まっていてくれたので、撮影は間に合った。正体はBlack-and-white Owl。中米から南米に広く生息し、日本のフクロウと近縁。

画像

画像

Black-and-white Owl シロクロヒナフクロウ


そんな嬉しい誤算もあり、夜中の3時、ようやく宿に到着。出発は4時半。止むなく完徹となるが、アドレナリンでどうにかなるだろう。シャワーを浴び、長期戦に備えてメモリカードを空けたりして時間を費やす。

ロッジは驚くほど綺麗だ。お湯はしっかり出るし、最低限のアメニティも備えてある。何不自由なくくつろぐことができた。今後泊まる宿についても概ね同じことが言える。

画像



この日狙うメインターゲットはLong-wattled Umbrellabird。lekと呼ばれる求愛場所にほぼ毎日現れるという。早朝が一番良いそうなので、夜明け前に出発という訳。
デコボコ道が1時間ほど続くが、到着を目前にアクシデント発生。後輪がパンクし、交換に2,30分要した。早朝が肝心の鳥なので痛い時間ロスかと思ったのだが、結果的に、これもあの素晴らしい出会いへと導かれる一因となった。

交換作業中、少し周囲で鳥を見た。大雨にもかかわらず、Tyrant Flycatcher, Tanager, Wrenの仲間が次々視界に入ってくる。エクアドルのポテンシャルをさっそく感じることができた。
Rose-faced Parrotは"Choco Bioregion(コロンビア・エクアドル西部の独自の生態系を持つエリア)"固有種(以下、Choco固有種)とのことで、時間ロスの代償はゲットできた。

画像

Rose-faced Parrot メカシインコ


無事タイヤの交換が終わり、目的地に到着した。車を降りて、切り開かれた山を15分ほど登ってlekに向かう。ここ一帯は雲霧林と呼ばれ、その名の通り霧が濃く立ちこめている。雨も少し強い。
高所なので息切れも甚だしく、登るのに一苦労。そんな時、遠く前方を飛んだ真っ黒な大きい鳥をガイドが指差す。Umbrellabirdだ。不意打ちを喰らい写真を撮る暇も無し。まあこんな調子で簡単に出てくれるものだと、この時は容易く考えていた。

lekを見渡せる高台に上がる。屋根付きベンチも設置されていて、しっかりと管理されたポイントのようだ。残念ながら相変わらず霧が濃い。景観としてはとても神秘的だけど。

画像

画像



南米名物、ハチドリフィーダーもある。他に類を見ない憧れのハチドリを前に、初めのうちは興奮気味。
やってきたのはViolet-tailed Sylph, Velvet-purple Coronet, Empress Brilliant, Purple-bibbed Whitetip, Green-crowned Brilliantの5種。上記Green-crowned以外の4種は、アンデス西部固有のキーバード。

画像

画像

Violet-tailed Sylph ムラサキフタオハチドリ male and female


画像

画像

Velvet-purple Coronet フジイロハチドリ


画像

Purple-bibbed Whitetip シロエンビハチドリ female


画像

Empress Brilliant エンビテリハチドリ male


画像

Green-crowned Brilliant ミドリボウシテリハチドリ female


その他の小鳥。

Choco固有のChoco Brushfinchは、ペルー産Tricolored Brushfinchから種分化している(IOC)。

画像

Choco Brushfinch チョコヤブシトド


画像

Slate-throated Whitestart ベニイタダキアメリカムシクイ


画像

Mountain Wren ヤマミソサザイ


画像

Dusky-capped Flycatcher オリーブヒタキモドキ


画像

Tropical Kingbird オリーブタイランチョウ


初Toucan! これも南米を代表する鳥として、見れるのをとても楽しみにしていた。この時はタイミングよく霧が晴れてくれて良かった。

画像

画像

Choco Toucan チョコキムネオオハシ


高台の麓にManakinがいるとのこと。簡単に見ることができた。Manakinは個性的なものが多く、南米を代表する鳥として人気の高い仲間だ。
この鳥、とても魅力的な生態を持つので、気になる人はぜひ和名で調べてほしい。鳴き声がやけに機械音っぽいと思ったら、そういうことだったのか。

画像

画像

Club-winged Manakin キガタヒメマイコドリ male


10時前まで待ったが、Umbrellabirdは出なかった。海外探鳥は次の行程が詰まっているので諦めるタイミングも重要。飛んでるところを一目見られただけでも良かったと割り切り、下山した。
下山中はWhite-tighed Swallow, Bronze-winged Parrot, Choco Toucan, Squirrel Cuckooが現れた。Golden-naped Tanagerの異彩なコバルトブルーが視界に入った時は、度肝を抜かれた。後にちゃんと撮影できる場がある。

画像

White-thighed Swallow モモジロコツバメ


画像

Bronze-winged Parrot ドウバネインコ


画像

Squirrel Cuckoo リスカッコウ


結局Umbrellabirdは見られないまま、車に乗り込んだ。水を飲んで一息つく。誰かが「これも海外探鳥(の魅力)だよね」と言った。確かに相手は自然。またいつか来ればいいと思いつつも、落胆する。
その直後である。突如、後ろのトランクで水を回してくれていたガイドとドライバーが叫んだ。何を言ってるか聞き取れないが、反射的に振り返ると、ガイドたちの背後を右から左に悠然と横切る黒いかたまり。まさか。。。

窓越しに黒を追う。一時の緊張が走る。どこかに止まってくれと念じる。幸運の女神は爆笑した。なんと奴が真っ先に向かったのは、我々が乗っている車のすぐ真横、目線の高さの枯れ木。肉眼ではっきり捉えたその姿こそ、立派な肉垂れをぶら下げた正真正銘Umbrellabirdだったのだ。
車内が一気に騒然と化す。飛ばないで、と心底願いながら、ドアを開けてすぐさまファインダーに捉える。腕は震えるし、心臓は飛び出し寸前。攣りそうな体勢になりながらもシャッターを押せた。撮ったぞ!!
幸いUmbrellabirdはその後1分間以上止まっていてくれたので、車からおりて場所を変える余裕もできた。撮影後は全員でハイタッチ。あの時あーしていたら、していなかったら。いくつもの細かい事象が重なり、このたった数分間の出会いに導かれる。そう思うとなおさら嬉しい。これこそが海外探鳥。その醍醐味を肌で感じることができた瞬間だった。

Long-wattled Umbrellabirdの属するCephalopterus属は3種で構成されるが、ここまで長い肉垂状の羽毛を持つのは本種のみ。この木で渋いディスプレイをした後、飛び去った。

画像

画像

画像

画像

Long-wattled Umbrellabird ナガエカサドリ male


麓の集落の民家で朝食。おそらくlekの所有者の家なのだと思う。宿でつくってもらった朝食に加えて、温かいコーヒーと、エンパナーダというエクアドルの主食を頂く。世界で一番美味しい朝食に違いない。

画像



民家は20m四方の小さな敷地なのだが、不思議なくらい次から次へと鳥が出てくる。エクアドルの持つポテンシャルに驚かされる。

画像

Blue-necked Tanager アオクビフウキンチョウ


画像

画像

Masked Water Tyrant マダラタイランチョウ


画像

Pacific Hornero ペルーカマドドリ


Golden-faced Tyrannuletから種分化。

画像

Choco Tyrannulet キマユコタイランチョウ


画像

Common Tody-Flycatcher ハシナガタイランチョウ


画像

Rusty-margined Flycatcher キバラヒタキモドキ


画像

Variable Seedeater カワリヒメウソ


Recinto 23 de Junio 6:00-12:00

Black Vulture
Roadside Hawk
Squirrel Cuckoo
Green-crowned Brilliant
Empress Brilliant
Velvet-purple Coronet
Purple-bibbed Whitetip
Violet-tailed Sylph
Choco Toucan
Red-faced Parrot
Bronze-winged Parrot
Pacific Hornero
Choco Tyrannulet
Ornate Flycatcher
Common Tody-Flycatcher
Masked Water Tyrant
Rusty-margined Flycatcher
Tropical Kingbird
Dusky-capped Flycatcher
Long-wattled Umbrellabird
Club-winged Manakin
White-thighed Swallow
Mountain Wren
Choco Brushfinch
Slate-throated Whitestart
Golden-naped Tanager
Blue-necked Tanager
Variable Seedeater

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018.11.04 Ecuador Day1 #1 鳥たちとの出会いの記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる