FIELDNOTE 20.01.05

◼︎茨城県・千葉県 8:00-20:00

知人と3ヶ所の池を周った。アメリカコガモ4個体、コガモ雄化などに加え、昨年末に発見したコガモ×トモエガモの雑種を幸運にも再観察することができた。近距離で撮影できたので、新たな特徴もいくつか判明した。観察地は前回とは違う池で、直線距離で約20km離れている。両池を行き来する行動パターンも含め、非常に興味深い観察となった。

Baikal Teal × Eurasian Teal ♂1
Green-winged Teal × Eurasian Teal ♂1
Green-winged Teal ♂4
Eurasian Teal masc.1

20200105_30.jpg20200105_27.jpg20200105_37.jpg20200105_35.jpg20200105_16.jpg20200105_19.jpg
Baikal Teal × Eurasian Teal トモエガモ×コガモ male
三列風切の地の色は褐色みがあり、トモエガモ的。最外側三列風切の形状はトモエガモ的で、黒条はトモエガモより太く、内側にうっすらと白色部がある。
肩羽が長く伸びているのはトモエガモ的だが、トモエガモほど長くないのは両者の中間的。また羽軸を境に色味が異なり、外弁の灰色で密な波状斑があるのはコガモ的だが、内弁は橙褐色でトモエガモ的。
胸と脇の境界には淡色の縦線がうっすら出始めている。


20200105_11.jpg20200105_09.jpg
Green-winged Teal アメリカコガモ juvenile


20200105_01.jpg20200105_03.jpg
Eurasian Teal コガモ female
雄化。


20200105_13.jpg
Baikal Teal トモエガモ adult female


夕方の銚子はカモメ類は少なく、カナダカモメ2個体のみ。寂しい。

20200105_44.jpg
Thayer's Gull カナダカモメ adult winter

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント