Taiwan Day4 20.01.12

◼︎大雪山 4日目

最終日。
朝食までの時間は宿の周辺を散策。newはカケス。台湾固有亜種で日本のカケスとは違う顔つきなのだが、すぐに飛び去ってしまった。

20200112_105.jpg
Eurasian Jay カケス


20200112_106.jpg
White's Thrush トラツグミ

シマドリの群れ。初見のヤブドリも混じっていたが、撮影できない。。

20200112_109.jpg
Taiwan Barwing シマドリ endemic


この日は朝から23kで時間を潰すことにした。
その途中、昨日タケドリの囀りをキャッチしたエリアでコールバックを試みると、反応あり。徐々に距離が近づいてきて、最終的に目の前の藪まで降りてきた。千載一遇の大チャンスだったが、オープンな場所には全く出てこないまま終了。タケドリは台湾屈指の難関種なので、近づいてくるときの緊迫感は凄まじいものだった。またいつかリベンジしたい。

20200112_113.jpg
Rusty Laughingthrush タケドリ endemic

代わりにヤブドリをバッチリ見ることができた。他のBabblerと比べれば比較的オープンな場所に出てくる方だが、それでも難しい。

20200112_112.jpg
Steere's Liocichla ヤブドリ endemic


昼前に23k到着。
霧もなく良いコンディション。崖から降りてきて、道路を横断するサンケイ雄。

20200112_115.jpg20200112_121.jpg
Swinhoe's Pheasant サンケイ endemic

昨日よりも小鳥が多い。バードウェブをくまなく確認するが、特に新しいのは無し。タイワンシジュウカラを一度だけチラ見した。

20200112_124.jpg
Grey-cheeked Fulvetta メジロチメドリ endemic


20200112_128.jpg
Black-throated Bushtit ズアカエナガ


20200112_123.jpg
Grey-chinned Minivet ベニサンショウクイ


20200112_136.jpg
White-tailed Robin コンヒタキ

昨日とは別グループのミヤマテッケイも発見!すぐに奥の方に去っていった。

20200112_130.jpg
Taiwan Partridge ミヤマテッケイ endemic

チャバラオオルリはこの日も多かった。相変わらず雄が圧倒的多数派。

20200112_133.jpg
Vivid Niltava チャバラオオルリ

駐車場に出てきたいつものサンケイグループ。

20200112_139.jpg
Swinhoe's Pheasant サンケイ endemic


2日前と全く同じイイギリの木。またしてもタイミング良くタイワンツグミが止まっているのを発見!しかしすぐに飛び去ってしまう。

20200112_143.jpg
Island Thrush タイワンツグミ


しばらく粘ったが出なかったので、1つ上のコーナーのイイギリに場所を移すと、地元のバーダーから「さっき撮ったよ」と写真を見せてもらった。時系列的に、先ほど自分が撮った個体がそのまま上のポイントに移動してきたようだ。

このポイントはマミチャジナイやシロハラ、アカハラが時たま飛んできて、良い感じ。
ターゲットをタイワンツグミの再登場一点に絞り、ポイント付近を重点的に捜索することにした。1時間くらい経って発見したのが以下の画像。ふとイイギリのなる崖下を覗いたら、暗がりでひっそりと採餌していた。そりゃあ気づかないわけだ。この時もあっという間にロストしてしまう。

20200112_146.jpg
Island Thrush タイワンツグミ

続けざまに発見したのが狙いの雄!なんと道路脇のブッシュにひっそりと潜んでいて、気配を感じて視界に捉えた際は腰を抜かした。我ながらよく気づけたなと思う。発見時、抜ける窓はここだけ。真昼間で活性が悪いのか全く動かない。

20200112_147.jpg
Island Thrush タイワンツグミ

やがて動き始めた。
完璧に抜ける枝に止まってくれた瞬間は震える。この後崖下の死角に降りてしまった。日没前に再び見つけたが、一気に木の高いところまで移動してしまい撮影はできなかった。

20200112_163.jpg20200112_155.jpg
Island Thrush タイワンツグミ

午後はほぼタイワンツグミに時間を割いたが、結果良い条件で観れたので大満足の結果に。
日没まで鳥を見て、下山した。


空港近くのナイトマーケット。
台湾に来たな〜という感じ!

IMG_9037.JPG


成田行きの深夜便で帰宅。
台湾の鳥は高校生の頃からずっと興味を持っていた。タイワンシジュウカラやタカサゴマシコ、ニイタカキクイタダキなんかはずっと見たかった鳥。ミカドキジこそ外してしまったが、そんな憧れの固有種との対面が実現した旅。最高だった。
そういえば天気にも恵まれた。晴天の少ないこの時季、4日間とも霧や雨にほぼ悩まされず過ごせたのは幸運だったと思う。
今回見られなかったキーバードも多い。次は季節を変えてまた訪れたい。


Taiwan Partridge
Swinhoe's Pheasant
Taiwan Barbet
Grey-chinned Minivet
Eurasian Jay
Grey Treepie
Coal Tit
Green-backed Tit
Yellow Tit
Rufous-faced Warbler
Black-throated Bushtit
Grey-cheeked Fulvetta
Taiwan Barwing
Steere's Liocichla
White-eared Sibia
Rusty Laughingthrush
Taiwan Yuhina
White's Thrush
Island Thrush
Eyebrowed Thrush
Pale Thrush
Brown-headed Thrush
Vivid Niltava
White-tailed Robin
Collared Bush Robin
Taiwan Whistling Thrush
Grey Wagtail

new species =2

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント