テーマ:千葉県

FIELDNOTE 19.02.20

■銚子 6:30-17:00 早朝から銚子。前回とは打って変わってカモメ類は激減しており、朝の第2漁港は全くカモメがいない状況。それでも第2漁港東端から徐々にカモメ類が集まり始め、依然として数は少ないものの、カナダカモメ4個体を立て続けに発見することができた。同時にモンゴルセグロカモメの成鳥と思われる個体も発見し、飛び去るまで観察を続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 19.01.02

■茨城県・千葉県 6:30-20:00 ビッグデイ2019。ルールは至ってシンプルで、24hでできるだけ多くの種類をカウントするというもの。チバラギのポテンシャルを存分に発揮したいと思い、参加した。この時期最も種数を稼げるであろうポイントをピックアップし、それぞれ時間制限を設けてタイムスケジュールを固めた。 site1は干潟。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 18.09.29

■千葉県 8:30-12:00 長期滞在のオオグンカンドリを見に行った。到着時は定位置にとまっていた。そのうち1羽が飛び出し、10分差くらいでもう1羽も飛び出した。しばらく漁港内を旋回していたが、その後姿を消し、撤収した正午まで戻ってくることはなかった。 海岸はトウネンの幼鳥群に混じりヨーロッパトウネンの成鳥。オバシギ8羽、コオバシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 18.09.01,05,11

■茨城県・千葉県 9/1 朝は田園を周るが、ムナグロの群れが見られたくらいでジシギ類の姿は無い。蓮田では今シーズン初のヒバリシギ幼鳥3個体、コアオアシシギ5個体、ウズラシギ成鳥6個体などを観察できた。種類・数とも増加傾向だ。昼過ぎ再び田園を探索し、チュウジシギ1個体、タシギではないジシギ1個体を確認した。 Sharp-ta…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 18.08.04,15,18

■千葉県・茨城県  8/4 早朝から海岸に行くが、特に何も見られないので田んぼに移動。オオジシギ3個体(成鳥1,幼鳥1,年齢不明1)を観察できたほか、タマシギ幼鳥2個体。蓮田では早くもジロネン1個体、タカブシギ幼鳥を初認した。 Latham's Snipe オオジシギ adult Latham…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 18.06.05,13

■千葉県  6月の鳥見から。 Eurasian Bittern サンカノゴイ Yellow Bittern ヨシゴイ Red-breasted Crake ヒクイナ Northern Boobook アオバズク Eurasian Jay カケス …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 18.05.27

■千葉県 5:00-12:00 シギチもオフシーズンとなり、この時期恒例の印旛沼と九十九里方面へ。最近サンカノゴイが早朝田んぼに出現するそうなので、日の出前に到着。すでに1羽が田んぼで採餌中だった。葦原はヨシゴイが頻繁に飛び交い、オオヨシキリも活性が良かった。その後周辺のポイントを流したが特に成果なく、九十九里方面に移動した。事前に情…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 18.05.11

■三番瀬 5:30-12:00 先日のヨロネンが諦めきれず、再度早朝の三番瀬に向かった。依然としてトウネンの数が多く、東西に広く分散しているものの、300羽近くいるものと思われた。まずはサルハマが2羽が目に入った。素晴らしい夏羽の個体だったのでしっかり撮影しておいた。中央~市川側にヨロネンはおらず、船橋側へ。するとネットの奥の方に集ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 18.05.08

■三番瀬 6:00-12:30 平日で潮干狩りがなかったので、早朝から三番瀬へ。干潟はネット手前まで出ており、多数のハマシギ、週末に急増したトウネンが散らばっていた。メダイが減り、春の渡りも後半戦を実感させられる。ハマシギの群れを見ているとサルハマシギを発見。実は春に赤いサルハマを見たのは初めてだったので嬉しかった。サルハマを追いつつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 18.05.06

■稲敷・香取 7:00-14:00 稲敷方面へ。まずは蓮田。数日前から確認されているツルシギが2羽。先日オオハシシギなどが見られたエリアでは、5羽のヨロネンと、引き続きコアオアシシギが見られた。ヨロネンは越冬個体群と思われる。続いて田んぼ。前回とは打って変わってシギチの数が増加し、あちこちで常連組が見られた。特別珍しいのは見られなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 18.04.30

■稲敷・香取 8:00-16:00 稲敷方面へ。まずは蓮田周り。毎年オオハシシギなどが見られるエリアは空っぽで、タシギが数羽いたのみ。越冬は確認しているのでどこかにいるのだろう。しかしポイントを移すとこの辺りでは普段はあまり見られないのだが、オオハシ2羽を確認した。さらにタカブの群れに混じりコアオアシ。夏羽も出ていて美しい。期待してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 18.04.17

■三番瀬 7:30-10:00 今シーズン初めての三番瀬へ。既に潮は引き始めており、多数のハマシギ に加え、オオソリハシシギやオバシギなどもおりていた。平日で人が全くいないので、比較的落ち着いている。やがてメダイチドリの群れが飛んできた。散らばらないうちにカウントしたところ85羽。ここ数日で一気に数を増した。一部船橋側のハマシギの群れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 18.02.06

■神栖・銚子 2週続けての銚子方面。カモメの数は先週に負けず劣らず多かった。カナダカモメは多く見られたが、その他特段珍しいものを見つけられないまま、この日もまた日没を迎えた。ミツユビカモメが第三漁港に数羽入っていた。 Smew ミコアイサ male Western Osprey ミサゴ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 18.01.31

■銚子 9:00-17:00 今季初の銚子方面。漁港のいたる所で水揚げが行われており、カモメの数は自分が今まで経験した中では一番多かった。丸一日費やして、カナダ7個体を観察できたが、その他の珍しいカモメ類は見つけることができなかった。波崎の漁港内には珍しくアビの幼鳥が入っており、比較的近くで撮影できた。昨年のようなハム類フィーバーは今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.01.04

■稲敷・印旗沼 6:30-16:30 先月に引き続き稲敷方面へ。まず日の出前の干拓地に向かうとコミミズクが3羽飛び回っており、8時頃まで見られた。ハイイロチュウヒも目の前を通過して行った。蓮田の方では前回外したアメウズを3年ぶりに観察することができた。同じ場所ではヨロネン、ヒバリシギ、ジロネン、タカブもいた。その後他のポイントを周り、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.11.06,10

■新浦安・三番瀬 (6日)10月上旬ぶりにヨーロッパトウネンが飛来した。今回はトウネン3羽、ハマシギ1羽と共に4羽のヨロネン。最初は目を疑ったが、今季は繁殖地の事情もあって数が多いようなので、継続的に幼鳥が滞在しているものと思われた。新個体は1羽だった。海上はビロキン3羽、初認のホオジロガモ、当地では比較的珍しいハシビロガモ等が確認で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.11.05

■銚子・神栖・稲敷  銚子の防風林でイスカが出ているとのことで朝から向かった。散策路を一周するとマヒワの群れが見られたくらいで、上空を雌雄のハイタカが飛び回っていたこともあってイスカは全く気配がなく、10時過ぎに諦めて稲敷方面に移動した。途中ポイントを転々とするも、猛禽類が多く見られたくらい。鴨池も珍しいのは居なかった。稲敷の蓮田には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.11.03

■三番瀬 7:00-10:00 到着時はすでに干潟が出始めており、多数のハマシギがおりていた。先月同所で確認したヨロネン4羽の追跡を優先して探すと、船橋側の波打ち際に2羽いるのを見つけた。どちらも幼鳥。後日検証した結果、どちらも先月確認した個体(D,E)と思われた。続いて新たに飛んできたシロチドリの群れに成鳥1羽。その場では前回と同じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.10.21

■三番瀬 7:00-9:00 雨続きの週末。朝は天気が保つとの予報だったので三番瀬へ行ったが、予報は外れ霧雨から本降りとなり、ずぶ濡れになりながらの観察となった。到着時は満潮でまだ干潟が出ていなかったが、人が誰もいなかったおかげで波打ち際に多くのハマシギとミユビシギが集まっていた。しばらく来ない間に冬メンツ。遠目でトウネンが何羽も混じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.10.09

■MF・新横浜 10:00-15:30 午前中は近所へ。新たにオオバン・マガモ・ハジロカイツブリ・セグロカモメなどが入っていた。トウネン約10羽の群れにヨーロッパトウネンは1羽のみだったが、前回観察が疎かになってしまった個体だったので良かった。先日大学の近く入ったメジロガモがまだいるようなので、午後から現地へ。横に長い池の一角にカモ類…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.09.24

■稲敷・神栖・谷津干潟 6:30-16:30 あちこちで蓮の収穫が進む頃、そろそろシギチの渡りも本格化しているだろうと思い稲敷方面へ。早朝まず最初に訪れた蓮田ではいきなりオグロシギの群れ。成鳥が1羽いて驚いた。最近ネット上で見たのは全て幼鳥だったので、入ってきたばかりなのだと思う。朝日に照らされ美しい夏羽だった。そのうちツルシギも2羽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.09.11

■三番瀬 13:30-15:30 Red-necked Stint with flags トウネン juvenile フラッグ付トウネン幼鳥。右ふしょに黄色と黒色フラッグ。 "KA23266, MOSKVA" カムチャツカ半島Vorovskaya River Lagoonで2017年8月16日に放鳥。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.09.08

■九十九里 6:30-16:30 初の九十九里巡り。一宮から銚子まで北上し、海水浴場をしらみ潰しに見て回った。最も種数と個体数が多かった最初の干潟ではオオメダイチドリの幼鳥を見ることができた。今シーズンはタイミング悪く東京湾で見ることができなかった。その後の海岸では一部でミユビシギとトウネンの群れが見られたくらいで、以前ミユビが数百羽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.08.30

■稲敷・香取 8:30-15:00 朝から稲敷方面。前回の下見を参考に、蓮田ポイントをまわった。最初のポイントではコアオアシシギが3羽いたが遠かった。次のポイントでは車を止めて歩いてみると、ジロネン、ヒバリ、ウズラなどを見ることができた。トウネンの幼鳥群も多く飛来していた。次に訪れた場所ではトウネン3羽と共にヨロネンの幼鳥1羽を確認し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.8.28,29

■三番瀬 2日連続で三番瀬へ。まず到着すると多くのトウネンがいてほっとした。成鳥が全く増えないまま幼鳥のシーズンに突入してしまったのは残念。51羽まで数えた。ヨロネンは事前に情報があったので簡単に見つけることができた。脚と嘴は完璧だが、水中に浸かっていると雨覆の軸斑と羽縁の赤褐色みが薄いから、少しわかりにくかった。オバシギは成鳥が抜け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.08.19

■三番瀬・香取・稲敷 5:30-17:00 早朝は三番瀬へ。到着時はすでにネットの奥まで干潟が広がっていた。新たな顔ぶれとしてハマシギ成鳥とトウネン幼鳥。トウネンはまともに成鳥を見ないまま世代交代してしまった。そしてオバシギの成鳥2羽。うち1羽は嬉しいフラッグ付だった。それにしても相変わらず三番瀬を訪れる一部のカメラマンは、自分たちが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.08.03,05

■三番瀬・葛西臨海公園 5:30-13:00 (3日)辛かった試験がようやく終わったので、さっそく鳥見へ。まずは早朝の三番瀬から。メダイは例年よりはるかに少なめ、トウネンに関しては危機的状況らしい。この日は到着時からハヤブサが浜に居座っていたので、きっとこいつのせいだと信じたい(汗)。そんな状況の中、先日市川側の浜辺でコチドリの雛が孵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.06.25

■沖 9:00-14:00 船のお誘いを頂いたので参加した。朝家を出てから移動中はずっと大雨。しかも現地に着くと濃霧で果たしてまともに海鳥が見れるのか不安だったが、沖合に出ると運が良いことに雨は止み霧も晴れた。 海に出てすぐオオミズナギドリが飛び始めた。今まで大型船からしか見たことがないので目線の高さを飛ぶ光景は新鮮で、見慣れてしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.06.16

■千葉県 5:30-10:00 サンコウチョウを見たくなったので県内の林を訪れた。ポイント付近に到着すると、数カ所からサンコウチョウの囀りが聞こえてきた。声を頼りに探すとスギ林の高いところに念願の雄を発見。実は長い尾羽を持つ雄を見たのは初めてだった。そのうち低いところにおりてきたところに何回か遭遇でき、満足できる写真も撮れた。オオルリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIELDNOTE 17.05.19

■三番瀬・谷津干潟・香取・新浦安 5:00-16:00 サルハマシギの夏羽が出たとのことで早朝の三番瀬へ向かったが見られなかった。トウネンの群れがごっそり居なかったので谷津干潟に移動すると、100羽以上の群れが飛来していた。しかしこちらにも混じってなかった。その後は香取の田んぼへ。先週と同じエリアを回るがシギチの数は減っていた。範囲を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more